【菊花賞】ゆきやなぎ賞圧勝の阪神で逆転可能! 東大HCの本命はレッドジェネシス(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

10月24日(日)に阪神競馬場で行われる菊花賞(G1・芝3000m)。クラシックホースであるエフフォーリア・シャフリヤールの2頭はともに回避を表明し、G1馬不在の一戦。皐月賞、ダービーともに3着と涙を呑んだステラヴェローチェが、初のクラシック戴冠を狙う。

【菊花賞 2021予想】皐月賞馬もダービー馬も不在! トライアル組の気になるデータとは?(SPAIA編)

ほかにも、故障明け初戦で3着と格好をつけて良血馬オーソクレース、神戸新聞杯2着レッドジェネシスなどが出走予定。昨年とは打って変わって絶対的といえる馬が見られない分、馬券的な面白みのあるレースとなりそうだ。

例年は京都で施行される菊花賞だが、京都の改修に伴い今年は阪神となる。例年、阪神芝3000mで行われるレースは阪神大賞典だけ。古馬、G2、別定戦など相違点も多いが、まずは大まかなコース傾向の参考として阪神大賞典の過去10年を見ていく。

阪神芝3000mはコーナー6つを通過し、さらには2度の急坂を越えなければならない。何よりスタミナが求められるレースで、ハイペースにはなりにくい。能力の違いで進出していくマクリの好成績は当然として、それ以外で目を向けるべきは先行馬【5-4-3-25】。4角4番手以内の馬が10勝を含む計21頭馬券になっているように、先行であれマクリであれ、前のポジションに取りついている必要がある。内回りの短い直線で最後方から豪脚一閃というのはほぼ不可能だ。

後方勢の不利は数字にも表れており、差しは【0-4-0-17】と苦戦気味。一方、過去10年の菊花賞(全て京都開催)では差し馬が5勝を挙げている。同じ長距離戦とはいえ、コースの性格の違いは頭に入れておくべきだろう。ただし注意すべきは、阪神大賞典でも上がり最速をマークした馬が【7-4-1-0】と好成績を残していること。4角での積極的な位置取りは重要だが、それに加えて直線でもう一脚を使わなければならない。最後の一冠を攻略するには総合力が不可欠だといえるだろう。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



コメントは受け付けていません。