【注目2歳馬】シャケトラの半妹ラスールがデビュー勝ち 非凡なレースセンスと瞬発力が魅力(SPAIA AI競馬)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:SPAIA AI競馬

秋の東京開催開幕週、10月10日(日)の4Rに行われた芝1600mの新馬戦を制したのは、キタサンブラック産駒の牝馬ラスール(美浦・藤沢和雄厩舎)。半兄は重賞3勝馬のシャケトラとファンの多い血統でもあり、シルクホースクラブで総額4,000万円(一口8万円)で募集された際には人気を集めていた馬だった。

【秋華賞 2021予想】ソダシ二冠へいざ出陣! ライバル候補を一気に絞り込めるデータとは?(SPAIA編)

スタート自体は遅かったものの、二の足を利かせてすぐに好位へと取り付く。逃げ馬の直後のインコースという絶好のポジションで脚をためて直線へ。一旦はすぐ外にいた馬が内にヨレてきたことで押し込められたが、残り400mで進路が開けると力強く突き抜けて後続に3馬身半の差をつけ、1:35.3というタイムで完勝した。

ラスト3ハロンのレースラップ11.2-11.5-11.6(34.3)のところをラスール自身はメンバー中最速の34.0でまとめ、上がり2位だった馬とは0.7秒差と力の違いを見せつける内容。さらにゴール前50mは流しており、余裕たっぷりだった。レースセンスと瞬発力を兼ね備えており、血統的にも距離が伸びて問題ない。

管理する藤沢和雄調教師は来年2月いっぱいで定年となる。“馬優先主義”がポリシーなだけに無理なレース選択はしないだろうが、最後にタイトルをプレゼントできるか次走以降の走りに期待したい。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



コメントは受け付けていません。