【秋華賞】「当日朝にかけて雨予報」「差しが決まる馬場」 道悪で浮上するのは堅実派アールドヴィーヴル(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

先週の京都大賞典では、2016年のダービー馬マカヒキが5年1カ月ぶりの勝利を果たし大いに沸いた阪神競馬場。今週末は牝馬三冠最終戦、秋華賞(G1・芝2000m)が阪神競馬場で行われる。

【秋華賞 2021予想】ソダシ二冠へいざ出陣! ライバル候補を一気に絞り込めるデータとは?(SPAIA編)

桜花賞馬ソダシは札幌記念を勝利したことで、より注目を集める形で参戦。オークス馬ユーバーレーベンや同レース2着のアカイトリノムスメ、そこにトライアルを勝利したファインルージュとアンドヴァラナウトが加わる楽しみなメンバー構成となった。今回も先週末の阪神芝コースの馬場傾向と出走各馬の馬場適性の観点からレースを分析していく。

昨年よりも1カ月早い開幕となった秋の阪神開催。クッション値は10月9日(土)が8.8、10日(日)は8.9と良馬場ではあるものの、9.5~10前後がマークされていた春の開催と比べると低い数値。ゴール前の含水率も両日とも10.2%と適度にクッションの効いた馬場状態だった。これは昨年と違い、6月の開催終了後にシャタリング作業に加えてエアレーション作業も行われたことによるものだと考えられる。

先週の阪神芝レースで3着内に好走した馬の4角通過順位を見ると、11レース中6レースの勝ち馬が4角3番手以内と先行馬が半数以上を占めているものの、1~3着までの全体では4角1~3番手を追走していた馬が12頭、4~6番手が14頭、7番手以下が7頭と差しも決まる馬場だった。

特に道中淀みなく流れたレースは差し有利の傾向が強く、8頭立てとなった土曜8Rの3歳以上2勝クラスは11秒台のラップが6回続くペースで4角4番手→6番手→1番手という決着。土曜11R、1200m戦のオパールSは2ハロン目から10.9-11.1-11.1-11.0というペースで4角15番手だったナランフレグが2着に好走。日曜4R、1400mの2歳新馬戦もデビュー戦としては厳しいペースになったことで4角11番手→8番手→7番手と差し決着となった。

また勝ちタイムも2勝クラスの1600m戦で1:32.5、3勝クラスの1400m戦、戎橋Sで1:20.4と速い決着となっており、33秒台の上がりを求められるレースも多かった。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

                    「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。