【ラグビー】「強みを80分出し続けなければ」。東京ガスに惜敗の横河武蔵野、前を向く(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

熱戦は20-31で終わりを告げた。

 10月9日、トップイーストリーグAグループの横河武蔵野アトラスターズが、今季リーグ優勝候補のひとつである東京ガスと敵地(東京・大田区)で対戦し、敗れた。

 BKのプレーには意志が感じられた。ハイパントをしっかりと確保する。東京ガスの強烈なバックローと両センターにアタックを寸断されないように工夫する。着実にスコアを伸ばそうとした。
 特にCTB高橋大輔は厳しい状況に追い込まれても果敢なアタックで闘志を貫いた。SO衣川翔大はゴールを100パーセント成功させ、プライドを見せた。

 藤山慎也ヘッドコーチは、「ちょっとした差が試合の結果に出てしまった。横河のスタンダードをもっと上げていかないと」と切り出し、「ディフェンスに関しては素晴らしいプレーができている」と話した。

 東京ガスの強烈なバックローに対して、「うちのバックローもしっかり仕事ができているので、むしろ当たって来てほしいところをうまくかわされ、BKのところまで入って来られてしまった。そこがちょっとやられちゃったかな」と振り返り、「大丈夫です。次は間違いなく勝ちます」と結んだ。

 PR古澤陸は、激しいタックルでチームの士気を高めた。HO佐藤公彦はBK並みのスピード感溢れる機動力で魅せ、LO栗林宜正、FL石井達士らが身体を張ったひたむきなプレーと熱いハートでチームをまとめた。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

              「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。