キングスがレイカーズに4点差辛勝…今夏大型補強のレイカーズはプレシーズンゲーム6連敗(バスケットボールキング)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:バスケットボールキング

10月15日(現地時間14日)、サクラメント・キングスはロサンゼルス・レイカーズとプレシーズンゲームを戦った。

 立ち上がりはレイカーズのラッセル・ウェストブルックに先制され、そのままリードを奪われるが、その後は得点が止まったレイカーズに対し、ハリソン・バーンズやバディ・ヒールドなどのガード陣が得点を重ねて逆転に成功。さらに点差を広げたキングスは、35-23と2ケタ差をつけて最初の12分を終えた。

 続く第2クォーターでは、一度はレイカーズに逆転を許すが、ディフェンスから流れをつかんで中盤には同点とする。その後は点の取り合いとなるなか、キングスがディアロン・フォックスの3ポイントシュートで一歩リード。勢いづいたキングスはそこからもテンポよくスコアし、71-65と再び点差をつけて前半終了。

 6点差で迎えた第3クォーターでは、リショーン・ホームズがインサイドで体を張って攻撃するも、レブロン・ジェームズの力強いアタックを止められず、リードを手放してしまう。しかし、ここでもフォックスなどが守備から得点につなげ、再び逆転。92-87と5点リードで最後の12分へ。
 
 第4クォーターでは、レブロンのダンクで士気を上げたレイカーズに追い上げられ、優位に立たれるが、すぐさまテレンス・デイビスの長距離砲でリードを奪い返す。さらに、タイリース・ハリバートンらも加勢して点差を広げ、猛追するレイカーズを振り払ってタイムアップ。116-112で辛くも勝利を収めた。

 キングスはフォックスが21得点の活躍をマーク。さらにテレンス・デイビスが控えながら20得点と勝利に貢献した。また、バーンズが15得点、ホームズが15得点10リバウンドをマークした。対するレイカーズはレブロンが30得点と衰えを感じさせないプレーを披露。ウェストブルックも18得点、カーメロ・アンソニーが15得点、アンソニー・デイビスが14得点12リバウンドを記録したが、プレシーズンゲーム6連敗と不名誉な結果を残した。

■試合結果
ロサンゼルス・レイカーズ 112-116 サクラメント・キングス
LAL|23|42|22|25|=112
SAC|35|36|21|24|=116

【広告】

                                株式会社宝島社

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。