[バスケ]打倒・洛南高&東山高を掲げ 悲願の全国大会出場へ向けて突き進む鳥羽高(月刊バレーボール&月刊バスケットボール)

【広告】生おせち料理 村上シェフ手作り重入3段重

◆─────────────────────────────◆  より良いおせちへ変貌してきました!

 大人向け、お酒に合う、お肉好きの生おせち

 今までにない、1段重はシェフの手作りが殆ど入るおせち♪

 「ロブスター サーロインローストビーフ」が入った豪華おせち  がなんと、15,980円、通常の3段重でしかも生冷蔵おせちときたら  本当にお買い得なおせちです。

  村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

 ★★某モールサイトで評価 4.3 を獲得★★

 ★★★★複数セット購入で最大1500円のクーポン付★★★★

◆─────────────────────────────◆

伝統的な日本料理を幅広い世代に食べやすくする為に、素材からこだわりオーナーシェフ「村上 元彦」完全オリジナル品を入れた和洋折衷のおせち料理です。

幅広いお客様に喜んで頂けるよう和洋折衷にし、完全オリジナル品を6品盛り込み、心を込めて手作りでお造り致します。

このおせちの「オリジナル」を確認してください、1段重の8割が村上シェフ自らの手作りです。他のおせちで監修おせちは沢山ありますが、 本当のこだわりをお届けできます。既製品とは間違えなく違う満足度がある逸品となります。

新鮮な生詰め冷蔵便でお届け致します。手作りの為、限定数量限りとなります。

 毎年撮影をし直して、手間とコストをかけてお客様の為に  丹精こめて作り上げます。

 お客様から不評を頂いたり、正直な感想を  頂く場合、翌年にはなるべくメニューを見直し入れ替え  ます。さらに、常に味の改善を行い、クオリティを高める  べく、国産材料や厳選素材を増やし、さらには1段以外の  オリジナル手作り品の手作りも投入すしています、こちらは  シェフではございませんが専門の職人の手作りです。   1品目 豊卵ふくさ焼   2品目 牛肉牛蒡巻き  本当に喜ばれるおせちづくりをしております!

 天然白木重箱ですが

 エコを重んじた重箱にしています。この白木ただの白木では  ございません、植樹から4年前後で成木となり、  無駄な森林伐採などの環境破壊を軽減するファルカタ材を  使っています。さらに天然木だからこそ土にかえる木材の  材料なので、これも安心して利用頂ける重箱となります。

■商品内容(全36品目)

【壱の重】 蟹とクリームのパイ包み ロブスター黄金焼き …  ★★シェフ手作り 鴨のパテ オレンジ風味 … ★★シェフ手作り サーロインローストビーブ … ★★シェフ手作り サワークラフト(紫キャベツ) … ★★シェフ手作り 豚肉のフロマージュテート(ゼリー寄せ) … ★★シェフ手作り 豚肩ロースチャーシュー … ★★シェフ手作り パプリカマリネ … ★★シェフ手作り

【弐の重】 鱈子旨煮、海老芝煮、豊卵ふくさ焼、牛肉牛蒡巻き、田作り、数の子風味漬け、いくら醤油漬け、若鶏明太ロール、若桃シロップ煮、 伊達巻、海老手まり寿司、手まり餅、あしらいそら豆、瀬戸のたこ姫

【参の重】 栗きんとん、焼き筍うま煮、椎茸旨煮、人参旨煮、きぬさや、蛸のバジルソース、ぶどう豆、ローズサーモン、伊予柑紅白生酢、 さより京風巻き、にしん昆布巻き、若桃シロップ煮、鰤照り焼き、杉板包み ※サーロインローストビーフは、加熱・衛生上の為、監修となります。 重箱寸法/約203×203×180mm 3段 天然白木重箱

村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

出典元:月刊バレーボール&月刊バスケットボール

10月22日~24日、30日~31日の日程で行われる予定のウインターカップ京都府予選。京都からは2チームが全国大会に出場できるが、近年は洛南高と東山高の2強時代。昨年のウインターカップでは東山高が準優勝、洛南高が3位と全国トップクラスの実力を誇る。

ハードワークをして勝利をつかみ取るというスタイルがモットーの鳥羽高

そんな中、府3位につけるのが公立校の鳥羽高だ。キャプテンの#13半田西之介や力強いリバウンドでチームを盛り立てる#91杉村真瞳ら実力者がそろうチームは、6月の近畿大会ではベスト8。同大会2回戦で大阪府代表としてインターハイを戦った大商学園を下すなど、その力は全国レベルの相手にも引けを取らない。

旧京都二中の校地を継承する形で開校したのは1984年。バスケット部は男子部のみならず女子部もインターハイ予選で準優勝と好成績を残しているが、ほかに陸上競技部や水泳部なども強豪で、今年、ウエイトリフティング部からはインターハイ優勝者が出るなどスポーツにも力を入れている。

「選手を育てることが目標としてありますが、まずは基礎となる人間力に一番こだわって指導しています。ハードワークすること、一生懸命に真摯に取り組むこと、手を抜かないことや向上心を持って取り組むことなど。そういう部分は常に意識しながら練習していて、チームとしてもハードワークをして勝利をつかみ取るというスタイルがベースにあります」と福嶋一夫コーチ。「将来的にバスケットを長く続けて、大人になってもそれを伝えていけるような子たちを高校3年間で育てていきたいです」と指導への思いを口にする。福嶋コーチも同校バスケ部のOBであり、自身がそうであったように現役生に対しても思いは変わらないのだ。

そんな伝統に憧れて鳥羽高を選ぶ選手も多く、そのほとんどが地元・京都府の出身者。「オール京都はウチやろって選手にはよく言います。京都の中で一番応援してもらえるようなメンバーが集まっているのはウチだと思っているんです。中学校の先生たちも鳥羽に京都府1位を目指す向上心と野望のある選手を送っていただいているという自覚をもって、恩返しをしていきたい」と福嶋コーチ。

ーー どうしても越えたい洛南と東山の壁 メンタル面の成長が悲願達成のカギとなる

とはいっても、2強の牙城はそう簡単に崩せるものではなく、これまで鳥羽高が全国の舞台に立ったのは1998年のウインターカップの一度だけ。現役生たちも何度もその壁に何度も跳ね返されてきた。

そんな中、福嶋コーチは「選手たちに『リミッターを外せ、自分らが洛南高や東山高よりも下やっていう気持ちだけは絶対に持ったらあかん』という話を常にしています」と言う。現時点では「(洛南高と東山高が相手だと)出だしで相手のスピード感や当たりの強さに面食らってしまうことが多いんです。メンタル的なところを乗り越えられていない」という状況だが、それは選手たち自身も重々承知のこと。実力はあってもなかなか大舞台に立てないことで、それがどの程度のものなのかが測りづらい。

そういったもどかしさはもちろんあるが、「高校バスケの真のチャンピオンを決めるのはウインターカップです。それは選手たちにも話していて、ここまでの大会は成長過程であり『ここからが本番だ』とモチベーションを上げられるように促しています」と福嶋コーチ。#13半田も「目指しているのはあくまでも(京都府で)1位」と気持ちは揺るがない。洛南高と東山高は雲の上の存在ではなく、倒すべきライバルだという意識を持っているからこそ、ほかの選手たちも口々に「自分たちの代で2強を倒したい」と冬への決意を込めている。「鳥羽のレベルアップが京都府全体のレベルアップにもつながると思っているので、2強ではなく3強と呼ばれるように、もっと頑張っていきたいと思います。そして、本番は自分たちの力を信じられるかどうか、それだけです」と福嶋コーチ。

相手が強ければ強いほど、全国大会への道は険しいものになっていく。洛南高と東山高が全国上位チームである限り、鳥羽も“全国レベルの実力校”で止まっているわけにはいかないのだ。敗れていったOBたちの思いも背負い、チームは今年最後の大一番、ウインターカップ京都府予選に備えている。

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

                  ザ・シークレット・ホース

 

 只今特典レポート付

  1)「サルでも分かる!血統入門」

  2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

  3)「競馬新聞徹底比較」

  4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントは受け付けていません。