【京都大賞典】阪神芝2400mはタフな流れに強い馬を狙え! コース傾向から浮上する馬とは(SPAIA AI競馬)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:SPAIA AI競馬

秋競馬到来を告げる伝統のG2京都大賞典が阪神で行われるのは、94年マーベラスクラウンが勝って以来のこと。このときは芝2500mが舞台。今回は外回りコースができたことで、京都と同じ芝2400m。ここでは過去10年、阪神芝2400m、古馬3勝クラス以上の30レースをサンプルにこの舞台のコース傾向について考えていきたい。

【スプリンターズステークス 2021予想】ダノンスマッシュ春秋連覇か、レシステンシア逆転か 秋G1開幕戦はこの馬!(SPAIA編)

阪神芝2400mは、内回り2000m戦と同じ正面直線半ばからスタート。先行争いが最初の急坂付近で行われ、その後は外回り残り600m付近まではほぼ平坦。4コーナーからくだりに転じ、ラスト200mで2度目の急坂を迎える。

2度の急坂越えは予想外に厳しく、最後の急坂で先行勢が苦しむ場面も多い。また、差し馬は残り600m付近で迎えるくだり坂を利用してスパートしやすい。コースとしては差し馬有利ではあるものの、隊列がすんなり決まり、序盤がゆったりした流れになれば、先行勢も十分脚をためられる。

全体的にタフな競馬になるコースで、たとえば今年3月の3勝クラス御堂筋Sはやや重で最後の200mは13.0。古馬オープンは、かつて大阪-ハンブルクCが16年までこのコースで行われていたが、現在はない。最後の古馬オープンは16年の同レース、勝ったのは中団から差してきたクリプトグラム。前後半1200mは1分12秒0-1分13秒4、最後の200mは12.7だった。京都芝2400mとは求められる適性がまるで違う。

【広告】 更年期?

《経典薬方》六味地黄丸

・膝や腰に緩みまたは痛みを感じる方に
・口腔の潰瘍がある方に

膝・腰の緩みと痛み、口腔の潰瘍の改善に

コメントは受け付けていません。