【スプリンターズS】新王者ピクシーナイト 血統、レース内容からみえる未来とは(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

高松宮記念1、2着ダノンスマッシュとレシステンシアに対抗できる新興勢力はどの馬か。いわば世代間争いが主題。勝った3歳ピクシーナイトが強豪古馬の壁を一気に乗りこえた。今年のスプリンターズSは図式こそ明確だったものの、その推理は難解で、展開を含め競馬偏差値は高かった。

【スプリンターズステークス 2021予想】ダノンスマッシュ春秋連覇か、レシステンシア逆転か 秋G1開幕戦はこの馬!(SPAIA編)

まずその展開だ。昨年ハイペース(前半600m32.8)を演出した2頭が顔をそろえた。モズスーパーフレアは北九州記念で逃げて前半600m33.2を記録して3着、ビアンフェは函館SSを前半600m32.8で逃げ切った。どちらも先手をとってこその快速馬だ。ここにセントウルSで番手から抜け出したレシステンシアと、キーンランドCで暴走気味に飛ばしたメイケイエールが加わる。メイケイエールの出方次第では超ハイペースまであった。さらにこの4頭の枠順は内からメイケイエール、ビアンフェ、レシステンシア、そしてモズスーパーフレアが大外枠。難易度を上げた。

さらに当日の馬場状態は時間が経つにつれ、乾いていき、インコース、先行馬が圧倒的有利。ハイペースは不可避といった状況だった。しかしスタートを決めたモズスーパーフレアが抜群のダッシュを効かせ、内のビアンフェをけん制、メイケイエールは外に逃避、レシステンシアもあっさり控えた。この状況でビアンフェはもう無茶できない。モズスーパーフレアのマイペースで進み、前半600mは33.3。昨年よりも良好な馬場状態を考えれば、ようやく平均ペースといった感じだった。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レ イ コ ッ プ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」

・UV+たたき+吸引の3ステップで、

効果的にハウスダストが除去できる!

・ハウスダスト除去率は3分90%以上!

・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス

・実際ハウスダスト取れてるの?… 

・一目でわかるダストボックスを採用!



コメントは受け付けていません。