【サウジアラビアRC】父譲りの騎乗で一発を秘める? 横山武史騎手とロードリライアブル(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

秋競馬東京開幕日のメイン・サウジアラビアロイヤルカップ。筆者は2歳重賞戦線の予想をする機会が多いのだが、札幌2歳Sのときと同様、2歳でマイル以上の距離においてはあまり2歳の定説である「早生まれ」は気にしないほうがいい。1月生まれの活躍はともかく、4月生まれに集中しやすい王道血統が普通に勝つからである。

【毎日王冠 2021予想】ダノンキングリーとシュネルマイスターが再戦! データが示す穴馬は?(SPAIA編)

馬場は夏しっかり養生した東京の芝なので、多少雨が降っても時計が極端に掛かるということはなさそうだ。昨年の不良馬場だけを例外として処理してよく、2歳レコードが頻発するコースであるがゆえ、絶対的に速い時計で勝ってきた力がその証明になっている状況だ。

それゆえ、おそらく色々なところで過去データの強烈な傾向は示されているであろう。例えば前走が中山だった馬は【0-0-0-19】、過去の連対馬は全て前走1着であること。もうこの2つの条件だけで、該当する登録馬はコマンドライン、ステルナティーア、ウナギノボリの3頭だけなので、この記事は終わってしまう。

じゃあ3着は?となるのだが、3着馬も重賞化してから過去7年のうち5頭は前走1着馬かつ非前走中山組で、残る2頭も非前走中山組かつ、前走重賞で6.7着と入着した馬だった。

まあ、スタニングローズが前走新潟2歳Sを5着としており、3着候補には該当するといってよい。あとは3着になった馬に前走OP特別だった例が1度もないので、前走OP・クローバー賞7着のケッツァーと、前走OP野路菊S8着のロードリライアブルが3着注意候補になるくらいである。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



コメントは受け付けていません。