大量得点で富山に連勝を飾ったA東京のルカHC「選手たちがよく戦ってくれた」(バスケットボールキング)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:バスケットボールキング

10月10日、各地でB1リーグ第2節が開催され、アルバルク東京は富山グラウジーズと対戦。GAME1に96-71で勝利したA東京は、第1クォーターこそ31-30と得点の奪い合いになるが、続く第2クォーター以降は徐々にリードを広げていき、後半では富山を圧倒する。最終スコア114-81で快勝し、ホームで連勝を飾った。

【動画】A東京vs富山 GAME2ハイライト!

 試合後にメディア対応を行ったルカ・パヴィチェヴィッチヘッドコーチは「2連勝できて良かった。本当に選手たちがよく戦ってくれたと思います。富山を相手に連勝するのは難しいことです」とA東京の選手たちを労った。

 さらに、富山とのGAME2については「(ジュリアン・)マブンガ選手と(ジョシュア・)スミス選手を起点にして得点を取ってくるチームなので、ディフェンスがGAME1と同じくカギになりました。第1クォーターでは、昨日負けている富山のモチベーションが高く、スミス選手へのダブルチームからキックアウトをされ、3ポイントを決められたシーンがいくつかありました。さらにマブンガ選手の1対1やピックアンドロール、すべてここから富山の得点に繋がりました。非常にハイスコアリングな第1クォーターとなり、なかなか相手のオフェンスを止められなかったことが前半のポイントだと思います」とコメント。

 それでも前半を59-50とリードして折り返すと、後半では55-31と圧倒。最終的には33点差での快勝となった。「第2クォーター以降は、ディフェンス面でライアン(・ロシター)、セバスチャン(・サイズ)、アレックス(・カーク)がしっかりと相手ビックマンを止めることができたので、結果的にリードが徐々に増えて、我々に流れが回ってきました。日本人選手もペリメーターやアウトサイドで、相手を簡単にはプレーさせないディフェンスを見せ、最終的にこの点差になったと思います」

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。