【秋華賞】阪神芝2000mでスピードの持続力が重要な一戦に 参考レース分析からの注目馬は?(SPAIA AI競馬)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:SPAIA AI競馬

3歳牝馬三冠最終戦・秋華賞。今年は阪神競馬場を舞台に行われ、スピードの持続力が重要な一戦となるだろう。桜花賞2着馬サトノレイナスの戦線離脱は残念だが、桜花賞馬ソダシ、オークス馬ユーバーレーベンを筆頭に実績馬が集まり、3勝馬が除外対象となるハイレベルな一戦となりそうだ。

【秋華賞 2021予想】ソダシ二冠へいざ出陣! ライバル候補を一気に絞り込めるデータとは?(SPAIA編)

【オークス】
天気が心配されたが、前日23~25時にパラパラと降った程度で朝から良馬場開催。高速馬場とまでは言えないが、33秒台前半の上がりも複数出ており、水はけのいい東京芝コースらしくまずまずの時計が出る馬場状態であった。レースは内枠からクールキャットがハナに立ち前後半1000m59.9-59.4。先行勢が総崩れするようなオーバーペースとは言えないが、3歳牝馬としてはかなり厳しい流れだったことも事実だろう。稍後有利。

1着ユーバーレーベンは中団で脚をタメ、3角手前で大外に出す。そこから徐々にポジションを上げていき、残り300m前後で先行勢を捉え切った。脚を余す競馬が続いていたが、展開さえ向けばこれぐらいの走りは当然の器。今回も展開が向くかどうか、そして仕上がり具合がポイントとなるだろう。

2着馬アカイトリノムスメは上位で唯一序盤を先行集団で運んだ馬。道中は完璧にソダシをマークしたが、3~4角で身動きが取れずややスパートが遅れる形。展開を考慮すればそれが良かったとも取れるが、対ユーバーレーベンという点ではもうワンテンポ早くスパートできていればとも思える。どちらにせよ、秋華賞でも有力の一頭であることは間違いない。

8着馬ソダシはステラリアに外から競られて行きたがり、2角では頭を上げて減速するロス。向正面では息を入れられるかと思ったが、すぐにストライプに併せられてまたヒートアップ。いくらタフなソダシてもさすがに厳しい展開だった。距離短縮、かつタフさが活きる秋華賞で巻き返す。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(強靭配方)


・髪にツヤや元気がなくなってきたと感じる方に
・健康で美しい髪を維持したい方に

傷んだ髪用シャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。