【京都大賞典】「高速決着」「直線一気は厳しい馬場」 相手強化もコース実績あるアイアンバローズに注目(SPAIA AI競馬)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:SPAIA AI競馬

今年は阪神競馬場を舞台に争われる京都大賞典(G2・芝2400m)。昨年の菊花賞2着馬でAJCCを勝利しているアリストテレスや約4年ぶりの勝利を目指すキセキなどジャパンC、有馬記念を目指す馬たちが顔を揃えた。

【毎日王冠 2021予想】ダノンキングリーとシュネルマイスターが再戦! データが示す穴馬は?(SPAIA編)

昨年よりもさらに1カ月早い開幕となる10月の阪神開催はどのような馬場で行われるのだろうか、出走各馬の馬場適性とともにレースを占っていく。

JRAの発表によると、4回阪神開催は野芝に洋芝(イタリアンライグラス)をオーバーシードした状態で施行。Bコース使用となった3回阪神開催前にはAコース部分約5100平方メートル、開催終了後にBコース部分を中心に約15100平方メートルの芝張替が実施された。良好な状態でレースを迎えられる。

昨年秋の5回阪神開幕週は、ファンタジーSでレコードタイムがマークされるなど、全体的に時計が速い高速馬場。脚質面では芝コースで行われた12レース中11レースの勝ち馬が4角4番手以内と先行馬の活躍が目立った。今週末にかけても晴天に恵まれる見込みで馬場悪化の心配はないだろう。

昨年はシャタリング作業だけだったのに対して今年はエアレーション作業も実施されていることから、若干差し馬の台頭が増える可能性はあるが、基本的には4角通過時点では前を射程圏に入れられるポジションに押し上げていないと厳しそうだ。

コメントは受け付けていません。