【バレー】マイナビジャパンビーチバレーボールツアー2021第6戦 石島/白鳥組と長谷川/坂口(由)組が優勝(月刊バレーボール&月刊バスケットボール)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:月刊バレーボール&月刊バスケットボール

国内ビーチバレーボール最高峰のマイナビジャパンビーチバレーボールツアー2021第6戦の松山大会が、10月2日(土)、3日(日)に風早長浜海岸(愛媛県松山市)で開催された。今大会は男女各8チームがシングルエリミネーション方式(敗者復活戦なし)で対戦し、初日は1回戦男女各4試合、2日目は準決勝と決勝が行なわれた。

 女子決勝は第1シードで、第2戦平塚大会を制した長谷川暁子/坂口由里香組と、第4戦名古屋大会で優勝している橋本涼加/村上礼華組の、今季1冠ペアどうしの対戦となった。

 第1セットは一進一退の展開が終盤まで続くも、坂口のショットなどで得点を重ねた長谷川/坂口組が24-23と先にマッチポイントをつかむ。しかし、地元の松山で村上が粘りを見せ、3連続得点し橋本/村上組が26-24と逆転でセットを先取。

 しかし、第2セットはスタートから5連続得点を挙げた長谷川/坂口組が優位に試合を展開。セットを通して橋本/村上組を寄せ付けることなく21-9でを奪い返す。

 最終第3セット、2セット目の勢いのままに序盤から坂口が相手の穴を突くショットを決め5-1とリード。橋本/村上組も橋本の高さを生かしたスパイクで追い上げるが、点差を縮めることができず、長谷川/坂口組が15-9でセットを連取し、今季2大会目の優勝を果たした。

【広告】 更年期?

《経典薬方》寧心補腎丸

・活力が減退し、不安が原因で落ち着かないと感じる方に
・心身ともに充実した毎日を送りたい全ての方に

滋養強壮のほか、胃腸機能の改善、疲労回復に

コメントは受け付けていません。