【スプリンターズS】実力馬が順調に本番へ!穴馬の付け入る隙は少ない 参考レース分析からの注目馬は?(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

秋のG1シーズン第1戦、スプリンターズS。昨年優勝馬グランアレグリアが中距離路線に参戦したため、短距離路線は再び混戦模様に。ただ、サマースプリントシリーズでは3歳馬3勝、4歳馬2勝、5歳馬1勝と新興勢力の台頭が目立った。古豪vs新興勢力の力関係の整理が鍵を握りそうだ。

【スプリンターズステークス 2021予想】ダノンスマッシュ春秋連覇か、レシステンシア逆転か 秋G1開幕戦はこの馬!(SPAIA編)

【北九州記念】
レース前から雨が強まったこともあり外有利のトラックバイアスは継続。レースはモズスーパーフレアが引っ張り、前後半3F33.2-35.0の前傾1.8秒。ただ、外目を通過した組の先頭基準では33.7‐34.5の前傾0.8秒。コーナーの距離ロスも考慮すれば、小倉芝1200mの古馬混合重賞としてはスローペースの部類だったといえるだろう。前有利。

2着馬ファストフォースは荒れた内目を避け、馬群を引っ張る形。2戦連続の重賞好走で地力強化は間違いないが、2戦ともトラックバイアスが向いた点は考慮する必要がありそうだ。

3着馬モズスーパーフレアは終始ラチ沿いを走り、ファストフォースとクビ差の3着。牝馬の56.5キロは実質トップハンデでもあり、今年も本番が楽しみな前哨戦であった。

7着馬ジャンダルムは発馬直後にメイショウケイメイと接触し後方からの競馬。身動きが取れず直線に向いてからの追い出しとなり、上がり3F11.5-11.4-11.2程度と完全に脚を余す形。不完全燃焼の一戦であった。

14着馬アウィルアウェイは12キロ増で過去最高馬体重。展開が向けば巻き返し濃厚の素質馬だ。

コメントは受け付けていません。