【スプリンターズS】「休み明け」「雨上がりの良馬場」「展開」3つが味方するダノンスマッシュに注目(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

秋のG1シリーズの開幕戦、スプリンターズS(G1・芝1200m)。春の高松宮記念の上位勢、ダノンスマッシュやレシステンシアが人気を集めそうだが、今回はそこに3歳馬のピクシーナイト、サマースプリントシリーズで好走してきたファストフォースも加わり、楽しみなメンバー構成となった。今回も先週末の馬場傾向と出走各馬の馬場適性の観点からレースを分析していく。

【スプリンターズステークス 2021予想】ダノンスマッシュ春秋連覇か、レシステンシア逆転か 秋G1開幕戦はこの馬!(SPAIA編)

先週末から中山の芝はCコースを使用。週中は雨が降らず、9月25日(土)はクッション値10.2、ゴール前の含水率12.4%だった。この日は6レース中で平均ペースまたはハイペースとなることが多く、勝ち馬4頭が4角6番手以下。2、3着には4角3番手以内の馬も多く残っていたが、差しが届きやすかった。

翌日の26日(日)のクッション値は前日と変わらず10.2、ゴール前の含水率は12.0%と前日よりやや乾燥状態だった。加えて6レース中4レースがスローペースということもあってか、勝ち馬は5頭が4角3番手以内。残る1頭も4角4番手と前日に比べると全体的に先行有利の傾向が見られた。

そして両日とも共通していたのは、開催終盤に差しかかっているものの、まずまずの好タイムが出ていたという点。25日に行われた3歳以上1勝クラスの1200m戦は、2ハロン目から5ハロン目まで11.3が3回続き、ラストは11.5というレースラップで勝ちタイムは1:08.0。同日の2歳オープン、カンナSも1:08.8で決着しており、このタイムは過去5年で最速タイだった。

今週末も良馬場であれば時計の速い決着になることが予想されるが、金曜日に台風が関東地方へ接近する予報となっており、陸側の進路を通れば雨量は多くなる見込みだ。スプリンターズS当日には良馬場に回復しそうだが、先週以上に水分量が多い状態でのレースとなることは避けられそうになく、差し馬が台頭しやすい馬場になると考える。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

美髪素


・白髪や抜け毛が気になりだした方に
・黒く艶やかで美しい毛髪にしたい方に

明朝時代の処方を基に作られた漢方薬です。

コメントは受け付けていません。