【毎日王冠】安田記念からの連勝はなし!単狙いはシュネルマイスター 当日まで覚えておきたいデータとは(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

2021年の競馬も4回東京を迎え、最終局面に突入する。クラシックは完結、各カテゴリーのチャンピオンを決める戦いが繰り広げられる。その開幕週は伝統のG2毎日王冠。天皇賞(秋)の優先出走権がかかるステップレースながら、そのあとのマイルCSを展望するレースでもある。

【スプリンターズステークス 2021予想】ダノンスマッシュ春秋連覇か、レシステンシア逆転か 秋G1開幕戦はこの馬!(SPAIA編)

安田記念を勝ったダノンキングリーと3歳マイル王シュネルマイスターがここから始動、この再戦が今年の主軸になる。ここでは過去10年間のデータからレース傾向について考えていく。

1番人気は【7-0-0-3】勝率70%と勝つか馬券圏外か極端。負けた3頭はショウナンマイティ、ワールドエース、3歳時のソウルスターリング。古馬2頭はG1勝ちがなかった。ただし勝った7頭のなかにも当時、G1未勝利馬もいるので、見極めはそう簡単ではない。1番人気以外は5番人気以内の複勝率が比較的高く、6番人気以下が3着以内に入る可能性はあるものの、総じて堅実な結果が多い。

シュネルマイスターが該当する3歳【3-3-0-11】勝率17.6%、複勝率35.3%がトップ。同馬はNHKマイルCを勝っているため、斤量は2キロ増の56キロ。古馬の基本重量との差がない。過去には同じくNHKマイルCを勝ったカレンブラックヒルが56キロで勝ち、ケイアイノーテックが5着に負けている。

ついで4歳【4-2-5-21】勝率12.5%、複勝率34.4%がいい。しかし4歳は全体的に手薄で、ここも勝負になるのはポタジェぐらい。デビュー以来すべて3着以内の堅実派で、左回りの中距離戦は得意条件。馬券には入れておこう。注目のダノンキングリーの5歳は【2-2-3-22】勝率6.9%、複勝率24.1%と勝率が物足りない。シュネルマイスターに逆転を許すシーンまで想定しておきたい。

秋の東京開幕週という設定からレースでの位置取りに注目する。逃げた馬は【2-2-1-5】勝率20%、複勝率50%と高い好走確率を誇る。古馬中距離路線のステップレースらしく、例年スローペースになる公算が高く、逃げは要注意。しかし今年はどの馬が逃げるのか判断しにくいので、展開予想には気をつかいたい。

以下、先行と中団はほぼ互角で、レース上がり600m最速を記録すると【4-4-1-4】勝率30.8%、複勝率69.2%。安田記念の上がり600mタイムでグランアレグリアに次ぐ2位だったダノンキングリーなど決め手のある馬には注目したい。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。