【注目2歳馬】母クロウキャニオン産駒初のG1制覇へ 良血馬ダンテスヴューが2戦目で快勝(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

秋の中京競馬最終週となった10月2日(土)、2Rに行われた芝2000mの2歳未勝利戦を勝利したのは父キングカメハメハのダンテスヴュー(栗東・友道康夫厩舎)だった。

8月の新潟芝1800mの新馬戦でデビューしたダンテスヴューは、単勝1.4倍という断然人気に支持されて10番手からレースを進めたものの反応が悪く、前を捉えきれずに2着。しかしこの日はスタートしてからすんなり4番手のインを追走。3角から徐々に外へと持ち出し、直線へと向く。

残り250m、坂を駆け上がるところで川田将雅騎手の右ムチが入ると後続を突き放し、2馬身半差の快勝。勝ちタイムは2:00.9と好タイムをマークした。

前週から速い時計が出やすい高速馬場コンディションではあったものの、レースラップを見ると、最初の1ハロン13.2の後は11.4-12.2-11.9-11.9-12.0-12.0-11.9-11.9と緩まず持続力が求められるペース。そのためラストは12.5かかってしまったが、新馬戦時よりも反応が良化しており、余裕のあるレースぶりだった。

それでもフワフワしながら走るなど、まだ幼い面を感じさせるので更なるレベルアップが必要だが、跳びが大きく広いコース向きの馬。母クロウキャニオンの産駒は2007年産のキラウエアから13頭全てが勝利と堅実。ボレアス、カミノタサハラと重賞を勝利している兄弟はいるものの、G1には手が届いていない血統なだけに兄たちを超える活躍を期待したい。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。