【京都大賞典】瞬発力勝負ならヒートオンビート! 参考レース分析からの注目馬は?(SPAIA AI競馬)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:SPAIA AI競馬

今年は阪神競馬場を舞台に行われる京都大賞典。京都芝2400mよりも直線指向が強い阪神芝2400mだけに終盤の瞬発力が勝負の鍵となりそうだ。今後のG1戦線に向けても可能性を探りたい一戦で、まずは参考レースから各馬の特徴を整理していきたい。

【毎日王冠 2021予想】ダノンキングリーとシュネルマイスターが再戦! データが示す穴馬は?(SPAIA編)

【天皇賞(春)】
ディアスティマが坦々としたラップで逃げて前半1000m59.8秒。2周目1~2角でペースを落としたが、向正面からはまたペースを上げ、純粋なスタミナが問われる非常にタフな競馬となった。

4着馬アリストテレスは随所で敏感な面を見せるも、阪神大賞典時よりは断然落ち着きがあった。Sadler's Wellsの4×4が特徴のエピファネイア産駒で、底力が活きる内回り中距離戦はベストだろう。

8着馬マカヒキ、13着馬オセアグレイトは後方で脚をタメたが、直線も目立った脚を使えず。ただ、マカヒキは明らかに距離が長かったため距離短縮による上昇が見込め、相手関係も楽になる今回は展開次第で上位入線があっても驚けない。

【広告】 更年期?

《経典薬方》附桂八味丸

・膝や腰など関節に痛みがある方に
・排尿時における障害を感じる方に

膝、腰の痛みや弱み、排尿障害などの症状に。

コメントは受け付けていません。