【東京盃回顧】サクセスエナジーが3番手から押し切り勝ち 重賞6勝目はJBCに向けて収穫あり(SPAIA AI競馬)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:SPAIA AI競馬

10月6日(水)に大井競馬場で行われたのはJBCスプリントに向けた前哨戦、東京盃(Jpn2・ダート1200m)。勝利したのは前走のオーバルスプリント7着から中1週で挑んだ7番人気のサクセスエナジーだった。

【毎日王冠 2021予想】ダノンキングリーとシュネルマイスターが再戦! データが示す穴馬は?(SPAIA編)

スタートからのラップが12.3-10.6-11.2(34,1)のペースとなった序盤、クルセイズスピリツとサイクロトロンが並んで先行争いを繰り広げる。サクセスエナジーは好スタートから鞍上の松山弘平騎手の激しいアクションとともに3番手の外をキープ。

直線では残り200mの標識を過ぎたところで先頭に立ち、内からリュウノユキナと外からレッドルゼルに迫られるレースとなったが、3/4馬身差をつけて押し切り勝ち。勝ちタイム1:10.3は過去10年で2番目に速い決着となった。

この勝利でサクセスエナジーは、2018年かきつばた記念、さきたま杯、2019年黒船賞、2020年オーバルスプリント、兵庫ゴールドトロフィーに続いて重賞6勝目。これまで追走に苦労する競馬となることも多く、1200m戦では結果が残せていなかったが、松山騎手は「揉まれ弱い馬なので、そこだけを気をつけてスムーズな競馬をさせてあげようと心がけた」と語ったように、外枠から砂を被らずに先行する内容で重賞タイトルを獲得できたのは大きな収穫だと言っていい。

11月3日(水・祝)に金沢競馬場で行われるJBCスプリントは得意の1400m戦に戻る。今回の経験が活きて楽に先行できそうなので、砂を被らなければ好結果が期待できそうだ。

【広告】 更年期?

《経典薬方》全鹿滋腎丸

<

・体のだるさ、痛みを感じる方に
・眠りが浅い、眠れないと悩んでいる方に

腰や膝を始めとする身体機能の衰えやだるさ、      睡眠の質などの改善に

コメントは受け付けていません。