【ラグビー】タックルマン石塚武生の青春日記(3)(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

1971(昭和46)年の3月、早稲田ラグビーの聖地、東伏見に春がやってきた。幾多のラガーマンの汗と涙がしみ込んだ土のグラウンドに春風が吹き、火山灰土を噴き上げる。
 この春、18歳の石塚武生さんは早稲田大学教育学部教育学科体育学専修に進学、たった1年のラグビー経験にもかかわらず、体育会のラグビー蹴球部に入った。狛江の自宅からラグビー部寮に布団と着替えのみの荷物を送り、ひとりで入寮した。

 古びたラグビーノートをめくると、<怖いもの知らずであった>とある。
 <正直言って、早稲田ラグビーをそれほど詳しく知っていたわけではない。サッカー部員だった冬、ラグビー部の新人戦に駆り出されたのをきっかけに、久我山高校3年からラグビーを始めた僕にとって、ラグビーのラの字を知り始めた頃である。まだウイングだった。入部した時は、とにかく不安の一色であった>

 常に大学日本一を目指すクラブの練習は熾烈を極めた。部室の壁には『緊張。集中。日本一の練習に挑む』との黒い墨字があった。吹きっさらしのグラウンドを、練習用の白と黒のどろんこジャージが疾駆し、砂塵を蹴散らす。記憶は、肌に痛い砂粒だ。
 疲労困憊、練習のあとには服を着替える力もほとんど残っていなかった。石塚さんはグラウンドを離れると、体育学専修、通称「タイセン」の学生が着るエンジ色の上下のトレーニングウェアで通した。

<タイセンのウェアがパジャマであり、普段着であった。少し汚れていても、平気で着ていた。下着を着替えるのは、2~3日に1回くらいだった。練習から上がって、食事をすませて、与えられた寮のそうじをやって、自分の部屋に落ち着くのが夜8時、すぐベッドにもぐり込んでしまうのが日課だった。番長(2人部屋の先輩)から「もう寝ているのか。早いなあ」と言われたのをよく覚えている。ゾッとするような、息が詰まるような生活をしていたからオモシロい。
 こんな調子で、不潔なモノを身につけながら、朝起きてから夜寝るまでラグビー一色だった。本職である学業といえば、いやいやながら、体育実技の授業に出て、ただ出席のために講義を聞きにいったものだ>

 キタナイなどと言うなかれ。これも青春だ。石塚さんの1年生の年度は、<全部員が50名ほど、新人は15名ほど>とラグビーノートには記されている。同期には、のちに日本代表となるナンバーエイトの好漢、山下治さん(2009年没、享年56)がいた。

 筆者の母校である福岡・修猷館高校から早大に進んだスタンドオフ、猪又昭さんも石塚さんの同期だった。9月某日。福岡市早良区の操体法研究所所長を務める猪又さんに電話をかけた。いま69歳。早大を卒業後、海運会社に就職し、海運ラグビーリーグでプレーした。30代半ばに退職して、治療師に転じた。「ご無沙汰しています」と言えば、「お~、久しぶりやね。なんや」と張りのある声が返ってきた。

【広告】 更年期?

《経典薬方》寧心補腎丸

・活力が減退し、不安が原因で落ち着かないと感じる方に
・心身ともに充実した毎日を送りたい全ての方に

滋養強壮のほか、胃腸機能の改善、疲労回復に

コメントは受け付けていません。