鷹木信悟、タンガ・ロア下し5勝目「プロレスは強いヤツが勝つんじゃねえよ。勝ったヤツが強いんだ」(スポーツ報知)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:スポーツ報知

◆新日本プロレス「G1クライマックス31」大会 ▽「G1クライマックス31」Aブロック公式戦30分1本勝負 〇鷹木信悟=5勝2敗、勝ち点10(19分08秒 ラスト・オブ・ザ・ドラゴン→片エビ固め)タンガ・ロア=2勝5敗、勝ち点4●(9日、大阪府立体育会館、観衆1620人)

 IWGP世界ヘビー王者・鷹木信悟がタンガ・ロアとの初のシングル対決を制し、5勝目。勝ち点10とした。

 ロアのパワー抜群の攻撃に序盤から守勢に回った鷹木。雪崩式アバランシュホールドで大きなダメージを受ける場面もあったが、最後はロアのフィニッシュホールド・エイプシットを切り抜けると、鷹木式GTRからのラスト・オブ・ザ・ドラゴンでたたきつけ、3カウントを奪った。

 痛めた左胸の下部を抑えながらバックステージに引き上げてきた鷹木。「強烈だな。タンガ・ロア。強過ぎだろ。体もでかいし、力もハンパねえ。俺の技が効いているか、分からねえもんな。あれが(G1)初出場なんて、信じられるか」と相手を称えた上で「だけど、プロレスは強いヤツが勝つんじゃねえよ。勝ったヤツが強いんだ。まあ、リーグ戦で2敗している俺が言っても、説得力ないかもしんねえけどな」と続けた。

 最後には13日の仙台大会で激突するグレート―O―カーンについて「格闘技の猛者かなんだか知らねえけどな、おい、オーカーン、プロレスなめるんじゃねえぜ。仙台で俺がプロレスの奥深さを、お前に教えてやる。教育的指導だ」と挑発していた。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。