【バレー】Vリーグ女子10月15日開幕 女子の開幕会見をリモートで開催(月刊バレーボール&月刊バスケットボール)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:月刊バレーボール&月刊バスケットボール

一般社団法人日本バレーボールリーグ機構は10月15日(金)に開幕する2021-22 V.LEAGUE WOMEN 開幕記者会見をオンラインで開催した。DIVISION1、2の各カテゴリーで主将や注目選手が出席し、今季の意気込みを語った。

 3連覇に挑戦するV1女子のJTマーヴェラスは小幡真子主将、林琴奈、籾井あきが参加。「今季も挑戦者の気持ちを忘れず精いっぱい頑張っていきたい」と意気込みを語った。林は「今季は長い戦いになるので総力戦で優勝に向けて戦いたい」とオリンピックの影響でリーグ期間が例年より短くなっていた昨季との違いを意識。東京2020オリンピックを終えての経験を聞かれた籾井は「世界と戦い、どういうことが通用するのか、しないのかを感じることができた。学んだことを練習していきたい」と答え、世界を見据えて国内リーグを戦う。

 準優勝だった東レアローズの石川真佑は「一戦一戦を大事に挑戦者の気持ちで戦いたい。3年目になるので、チームを引っ張っていくことが目標。アローズのよさは明るさ。今季も元気で明るい雰囲気を見てもらいたい」と主力選手としての自覚も十分だった。

 V2女子で連覇を果たした群馬銀行グリーンウイングスの田中瑠奈は「優勝できたが入れ替え戦に勝てず昇格することができなかった。今季は悔しさをバネに入れ替え戦に勝ちたいという強い気持ちで練習している」と昨季の雪辱を誓った。

 開幕日の10月15日(金)に女子はV1の1試合、東レ対姫路が行われる。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉活髪精華


・白髪や抜け毛が増えてきたと感じる方に
・黒々とした健康的な毛髪を維持したい方に

健康的な毛根や毛髪を維持するためのセラムです。

コメントは受け付けていません。