【毎日王冠】上半期の勢いそのままに大物喰いに期待 東大HCの本命はケイデンスコール(SPAIA AI競馬)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:SPAIA AI競馬

10月10日(日)に東京競馬場で行われる毎日王冠(G2・芝1800m)。出走予定馬は13頭と少なめだが、うち10頭が重賞馬と、G2にふさわしい濃い面々が揃った。特に安田記念で見事復活のG1制覇を飾ったダノンキングリーや今年のNHKマイルC馬シュネルマイスター、デビュー以来10戦して3着圏内を外していないポタジェらの走りは注目を集めている。

【毎日王冠 2021予想】ダノンキングリーとシュネルマイスターが再戦! データが示す穴馬は?(SPAIA編)

秋の東京開催開幕を告げるハイレベル戦を制するのはどの馬なのか。今週もデータを踏まえて予想してゆく。

最初に過去10年のレース傾向を分析する。前半3Fが後半3Fよりも速かったのは16頭立てであった12年と、先頭2頭が飛ばした昨年のみ。基本的にはスローで流れると考えてよい。展開を味方につけた逃げ馬が【2-2-1-5】と良績を残しているが、これだけで先行勢が有利と断ずるのは早計。4角7番手以下でも上がり2位以内なら【3-4-4-10】と末脚次第で差し届いており、瞬発力勝負に秀でた馬は位置取りに関係なく押さえておく必要がある。

そして脚質による有利不利が小さいとなると、いわゆる「紛れ」が起こらず、力のある馬が順当に好走するのは必然。毎日王冠では実績ある人気サイドの馬が期待に応える走りを見せている。過去10年で5番人気以内が【9-7-6-28】と馬券の中心で、近5年に限れば【5-5-3-12】と連対は上位人気馬が独占。1→2→3番人気で決まった19年のようなガチガチ決着にも備え、人気サイドを重視して馬券を組み立てるべきだろう。

【広告】 更年期?

《経典薬方》十全大補丸


・冷えや顔色の悪さが悩みの方に
・産後、体力が回復しない方に

発汗を伴うめまい、手足の冷えの改善に

コメントは受け付けていません。