【巨人】首位ヤクルトに3連敗 8・5差と険しいV3への道…でも、先に待つ短期決戦へとつながる戦いを(スポーツ報知)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ ヤクルト1x―0巨人(7日・神宮)

 巨人は投手陣が9回1死まで無安打無失点に抑えながら、2安打でサヨナラ負けを喫した。6回無安打無失点の菅野は、7回に一度はマウンドに向かったが右手親指がつって緊急降板。両軍無得点の9回、2死二塁から山田の遊撃内野安打で1点を奪われた。打線は4回まで3本の二塁打を含む4安打で毎回出塁したが、2試合連続無得点。首位ヤクルトに3タテを食らい、ゲーム差は「8・5」に広がった。

 流れの悪さも、ここに極まった。両軍無得点で迎えた9回2死二塁。山田のボテボテのゴロを、坂本が前進して捕球。一塁への懸命なランニングスローがわずかにショートバウンドとなった。一塁・若林が捕球できず、さらにお手玉する間に二塁走者がサヨナラのホームを駆け抜けた。今季2度目の同一カード3連敗。原監督は「何とか打線がこじ開けないとね。勝てないね」と2戦連続完封負けに終わった打線に敗因を求めた。

 打てなければ勝てない。当然のことを痛感させられた。先発・菅野が6回まで無安打投球を披露。7回の投球練習中に右手親指をつった影響で降板したが、緊急登板したデラロサが7回を、畠が8回を完全救援。投手陣が無安打でつなぐ間に、打線は1点も取れず。結果、勝ちのなくなった9回のマウンドに上がったビエイラが1死から塩見に初安打を許し、そこからサヨナラ負けへとつながった。

 序盤の好機にあと一本が出ない。そんな展開がまたも続いた。2回2死二塁で小林が三振。3回2死三塁から坂本の中前に抜けようかという打球は、相手の好守に阻まれた。4回2死から二塁打と申告敬遠で一、二塁としたが、小林が力ない二飛に倒れたのを最後に、得点圏に走者を送れなかった。終盤は相手の速球派救援陣に振り負けるなど、計11三振。19年9月18日から21日にかけて以来となる4戦連続2桁三振となった。

 3連勝が“義務”だったヤクルト3連戦に3連敗し、8・5差となった。残り12試合では、V3への道は限りなく険しくなった。ただ、全てが終わるわけではない。今すべきは、どん底にある打線の状態を上げるために1打席、1球にかける。悲願の3連覇に届かなかったとしても、先に待つ短期決戦へとつながるはずだ。

 この日は頼みの「サカオカマル」クリーンアップも、そろって無安打。中心打者が打ってこそ勢いが生まれるのも事実だが、今は3人に任せっきりでは足りないという状況まで追い詰められた。原監督は言った。「もう、先発メンバーが躍動することだよね」。スタメンに名を連ねた選手は、その日の巨人の代表だ。クリーンアップ同様に責任を果たすべく、全員が執念を燃やさなければ何事も変わらない。(西村 茂展)

【広告】 位元堂

コメントは受け付けていません。