村田真一氏の見解 岡本和真よ、当てにいかずもっと振れ!相手が一番嫌なのは2冠王のフルスイングだ(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ ヤクルト1x―0巨人(7日・神宮)

 巨人は投手陣が9回1死まで無安打無失点に抑えながら、2安打でサヨナラ負けを喫した。6回無安打無失点の菅野は、7回に一度はマウンドに向かったが右手親指がつって緊急降板。両軍無得点の9回、2死二塁から山田の遊撃内野安打で1点を奪われた。打線は4回まで3本の二塁打を含む4安打で毎回出塁したが、2試合連続無得点。首位ヤクルトに3タテを食らい、ゲーム差は「8・5」に広がった。スポーツ報知評論家の村田真一氏は打撃陣に奮起を求めた。

 * * *

 試合前の巨人のミーティングを想像してみた。残り試合、数字的な条件は厳しいけど、優勝をあきらめている選手はいないと思う。そんな数字的な計算をする以前に、選手というのは3タテを食らうのを嫌がる。だから、おそらく皆で「意地を見せてやろう」と話し合ったと思うよ。

 なのに、巨人打線はまた1点も取れなかった。相手を9回1死まで無安打に抑えても勝てない。ツキからも見放されたこんなゲーム展開、あまり見たことがない。

 坂本、岡本和、丸のクリーンアップが11の0。結局、このチームは3人が打たないと点が取れないということなんよ。その象徴が岡本和。ワンシーンを切り取るなら、2打席目かな。1―1からのカーブを当てにいくようなスイングで三ゴロ。「自分が打たなきゃ」という責任感がプレッシャーを大きくさせて、体を硬くさせているのかもしれんね。捕手出身の立場から言わせてもらうと、岡本和と対戦した時に相手が一番嫌なのは振ってこられること。2冠王が当てにいかず、フルスイングしてこられて冷静でいられるバッテリーはいないはず。とにかく「自分のスイング」をしてもらいたい。

 数字的には確かに絶望的だけど、優勝を逃したとしてもCSがある。巨人は優勝を逃して戦った5度のCSで一度もシリーズに行ったことがない。球団史に新しい1ページを刻むために、歴史的なシーンを見せてもらいたい。そのためにも残り試合を全力で戦おう。それは巨人の選手としてのプライドをかけた戦いでもあると思うよ。(スポーツ報知評論家・村田真一)

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



コメントは受け付けていません。