吉田麻也「責任を取る覚悟」に言及 予選敗退なら「すっぱりやめる」(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

◆カタールW杯アジア最終予選 サウジアラビア1―0日本(7日・ジッダ=キング・アブドゥラー・スポーツシティー・スタジアム)

 日本代表はサウジアラビアと敵地で対戦し、後半26分の失点が決勝点となり0―1で敗れた。3試合を終えて早くも2敗目と追い込まれたチームは、12日に埼玉スタジアムでオーストラリア代表との大一番に挑む。

 主将のDF吉田麻也(サンプドリア)は試合後、インタビューの冒頭で感想を求められると数秒間言葉に詰まりながら「もう次勝つしかない」と絞り出した。失点場面に関しては「ミスが起こってしまったのは仕方がない」と話す一方、「それよりも0―0で得点が取れなかったことが問題」と指摘。3試合を終えて勝ち点3止まりという状況には「批判されることは分かってますが、まだ予選が終わったわけではない。終わってからジャッジしてもらえればいい。結果が出なければ協会、監督、選手も責任取る覚悟はできていると思うんで。終わってから判断してもらえればと思います」と覚悟を示した。

 試合後のオンライン取材では「責任を取る覚悟」について、さらに言及した。「万が一、予選敗退してしまって、このチームの活動が終わってしまうのであれば、おそらく監督も入れ替わることになると思う。自分自身もそこが区切りになると思う。そんなふがいない結果になってしまったらすっぱりやめる」。代表選手生命を残り7試合にかける決意を明かした。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

                                    <U-NEXT>

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。