ATに点を取り合う劇的展開。名古屋がFC東京を3-1で下して初の決勝進出へ一歩近づく◎ルヴァン杯準決勝(サッカーマガジンWeb)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:サッカーマガジンWeb

2021年10月6日、JリーグYBCルヴァンカップ準決勝第1戦グが開催された。豊田スタジアムでは名古屋グランパス対FC東京が行なわれた。手に対し、相手のミスを逃さない名古屋は柿谷曜一朗が先制し、後半にも木本恭生が得点。FC東京もアディショナルタイム(AT)にアダイウトンが1点を返したが、名古屋もマテウスがネットを揺らし、3-1で勝利を収めた。

【写真】次のつながる1点をスコアしたFC東京のアダイウトン

■2021年10月6日 JリーグYBCルヴァンカップ準決勝第1戦(@豊田スタ/観衆7,778人)
名古屋 3-1 FC東京
得点:(名)柿谷曜一朗、木本恭生、マテウス
   (F)アダイウトン

・名古屋メンバー:GKランゲラック、DF成瀬竣平(55分:長澤和輝)、中谷進之介、キム・ミンテ、吉田豊、MF稲垣祥、木本恭生、マテウス、前田直輝(66分:ガブリエル・シャビエル)、相馬勇紀(55分:森下龍矢)、FW柿谷曜一朗(66分:金崎夢生)

・FC東京メンバー:GK波多野豪、DF中村拓海、森重真人、ブルーノ・ウヴィニ(55分:渡辺剛)、蓮川壮大、MF三田啓貴(55分:東慶悟)、青木拓矢、安部柊斗(76分:アダイウトン)、渡邊凌磨、FWディエゴ・オリヴェイラ(66分:田川亨介)、永井謙佑(76分:高萩洋次郎)

【広告】

馬券術

【コンピ・ワン・イズム】

1点で勝とうよ!

投資成功率82.4%の

馬券術【コンピ・ワン・イズム】

コメントは受け付けていません。