【バレー】新鋭揃いの男子イタリア代表が欧州選手権優勝。ジャネッリがMVP(月刊バレーボール&月刊バスケットボール)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:月刊バレーボール&月刊バスケットボール

男子ヨーロッパ選手権は現地9月19日にカトヴィツェ(ポーランド)で大会最終日が行われ、イタリアが決勝でスロベニアを3-2(22-25,25-20,20-25,25-20,15-11)で下し、8大会ぶりの金メダルに輝いた。
(文中のポジション表記/OH:アウトサイドヒッター、MB:ミドルブロッカー、OP:オポジット、S:セッター、L:リベロ)(Photo:CEV)

 これまで主軸を担った面々が抜け若手選手中心で今大会を戦うイタリアと、前回の2019年大会に続き決勝進出を果たしたスロベニアの一戦は熾烈を極めた。

試合開始からスロベニアはSグレゴル・ロプレトやOHクレメン・チェブリがサービスエースを重ねる。相手の攻撃的なサーブを前に、イタリアはOHアレッサンドロ・ミケレットとLファビオ・バラーゾのサーブレシーブが安定しない。優位に試合を進めたスロベニアは24-22からリリーフサーバーで投入されたOPアレン・シュケトがサーブを突き刺し、先取する。

 第2セットでイタリアはSシモーネ・ジャネッリがサーブで相手を効果的に崩すと、12-13からはOPジュリオ・ピナリのサービスエースとバックアタックなどで一気に4連続得点。その後も、OHダニエレ・ラビアとピナリがスロベニアのアタックを仕留めるなど、このセットだけで5本のブロックポイントを奪い、セットカウントを1-1とする。

コメントは受け付けていません。