【セントライト記念】ソーヴァリアントはデータを覆せるか 買うべきは春の実績馬タイトルホルダーと?(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

日本競馬史上初のクラシック三冠馬セントライトは、現在の皐月賞にあたる横浜農林省賞典四歳呼馬を勝利後に中山芝に出走。セントライト記念の舞台である芝2200mは2.23.4で1着という記録がある。いまから80年前のことだ。覚えている方はもう少ない。

菊花賞トライアルのセントライト記念から菊花賞を勝ったのは過去10年で15年キタサンブラック1頭。同馬が5番人気だったように翌週の神戸新聞杯と比べると、ワンランク下に見られがちだ。だが、セントライト記念はここ最近も17年クリンチャー、19年サトノルークス、20年サトノフラッグと菊花賞3着以内馬を輩出。それぞれ10、8、5番人気であり、菊花賞の穴馬はここからあらわれる。そんな点を踏まえて、このレースに挑みたい。ここでは過去10年間(14年は新潟)のデータを使用して傾向をみていく。

秋のトライアルは春の実績馬VS夏の上がり馬という構図が多い。今年も札幌で条件戦を圧勝したソーヴァリアントが春の実績馬にどこまで通じるかがポイントになる。人気では1番人気が【4-3-1-2】勝率40%、複勝率80%と断然で、基本的にはすでに名が売れている実績馬が強い。

ただし、2番人気以下はやや混戦で、6番人気は【2-0-2-6】勝率20%、複勝率40%で上位人気と互角以上。好走4頭の内訳はフェイトフルウォー、アドマイヤスピカ、キタサンブラック、グレイル、春のクラシック出走歴がある馬が3頭、残る1頭も青葉賞以来。上がり馬の後塵を拝し、人気の盲点になった春の実績馬に注意したい。

中山の重賞あるある、大きな馬が強いはここでも同じ。500キロ以上は【4-2-2-18】勝率15.4%、複勝率30.8%と目立つ。480~498キロは【3-4-6-35】勝率6.3%、複勝率27.1%。勝率に差があるので、大型馬をあえて1着に置くという作戦もありだ。前走506キロだったソーヴァリアントは、血統面からもいかにも中山の重賞に適性がありそうなタイプ。一方、春の実績馬が夏を休んで、大きく体を増やした場合も歓迎したい。天高く馬肥ゆる秋。秋の馬体増は気にしてはいけない。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(烏髮配方)


・髪にツヤがなくなってきたと感じる方に
・健康的な頭皮と毛髪を維持したい方に

髪のツヤが気になる方向けシャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。