【注目2歳馬】高額馬アスクビクターモアが初勝利 ジオグリフが勝利した新馬戦のレベルを改めて証明(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

3日間開催の最終日、9月20日(月・祝)の中山4Rに行われた芝1800mの2歳未勝利戦は同じ新馬戦で2、3着に敗れた馬のワンツー決着。勝利したのは2番人気のディープインパクト産駒、アスクビクターモア(美浦・田村康仁厩舎)だった。

2020年のセレクトセールで1億8,700万円(税込)で落札され、6月の新馬戦では1番人気に推されていたが、結果は後に札幌2歳Sを制するジオグリフ(美浦・岩戸孝樹厩舎)の末脚に屈する形の3着。2戦目でどのような変わり身を見せるのか注目されていた。

まずまずのスタートを切ると、前に馬を置く形で5、6番手のポジションをキープ。前半4ハロンのレースラップが13.1-12.7-12.8-12.8(51.4)と遅かったものの、やや行きたがる素振りを見せて途中から先頭に立った新馬戦とは違い、しっかり折り合ってレースを進めることができた。

スローペースを嫌って後方にいたセッタレダスト(美浦・武藤善則厩舎)が向正面で捲っていきペースアップ。さらに3角で最後方追走の1番人気アサヒ(美浦・金成貴史厩舎)も進出する。

アスクビクターモアの鞍上戸崎圭太騎手はアサヒとあわせて一緒にポジションを押し上げ、この2頭が並んで先頭へと躍り出たが、坂下でアサヒを突き放すとそのまま最後まで差は縮まらず。1馬身半差をつけて1:49.1というタイムで見事に初勝利をあげた。

2着と3着の差は5馬身と離れ、上位2頭の能力が抜けていたレースだと言える。両馬とも同じ新馬戦を走っていただけに改めてジオグリフの強さがより際立ち、新馬戦のレベルも高かったことを印象づける格好となった。

2着馬アサヒも今回はスタートで出遅れて捲っていくレースとなったが、普通に走れば次走勝ち上がれる馬なので、先々もこの2頭には注目しておいていいだろう。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。