【紫苑S】追い込み馬には厳しいデータ 注目は新潟からの転戦馬ホウオウラスカーズ(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

重賞として6年目となる紫苑Sだが、開催時期が秋緒戦一発目の重賞ということもあり、過去を見てもローテはバラバラ。夏競馬を戦ってきた上がり馬から、オークスからの直行組など比較が難しい重賞である。しかし、稍重だった昨年を除きあまり荒れるレースではなく、基本をしっかり押さえておけばよさそうな重賞だ。

中山芝内回り2000mらしく後方一気は決まらずある程度前々に位置取りしておくか、捲り上げて早めに好位に取り付く必要がある。重賞として行われた過去5年における残り3Fでのタイム差は、0.7秒以内でなければ馬券圏内には入れない。2017年は4角11番手だったディアドラが勝利しているが、これも残り3Fで先頭と0.5秒差とかなり詰めていた。

では、残り3Fで前と差を詰めた状態で競馬できそうなのはどの馬か。ということになるが、もちろん大半の馬に先行経験がある。この時点ではまだまだ絞れない。だが、意味がなさそうだった過去の多彩な前走をチェックしてみると、新潟転戦組に気になるデータがあることに気づいた。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

                                    <U-NEXT>

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。