【ローズS】多頭数の中京芝2000mは内枠が好成績 逃げ馬は苦戦傾向(SPAIA AI競馬)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:SPAIA AI競馬

2021年はデータ予想受難の年かもしれない。京都開催がないから色々なレースが開催地を変え、過去傾向が全く使えないと嘆く年だ。このローズSも普段は阪神開催でありながら今年は中京開催。昨年も中京開催だっただけマシなのだが、それ以前の中京開催は2006年まで遡ることになり、さすがに参考にならない。

だが視点を変えることで見えてくることがあるのもデータの面白いところ。中京芝2000mがどんなコースなのかを整理すれば狙える馬が見えてくる。今年はコースに着目して考えてみたい。

中京芝2000mについて過去5年+今年の結果を集計してみたが、あまり極端な傾向はない。枠番別や馬番別、血統、脚質などを見てもあまり差を感じない結果だった。だからさらに条件を絞ってみる。

2016年から中京芝2000mで施行されたレース数は230に及ぶが、A、Bコースともにフルゲートの18頭立てだったのは57レースのみ。今年のローズSは登録馬が22頭でフルゲートで行われるのはほぼ確実。少頭数のデータを参考にしてもしょうがない。なので16頭以上で、結果がブレやすい新馬・未勝利・1勝クラスを除いた13レースを見てみると、極端な結果が出てきた。

まずは馬番別成績だが、圧倒的に数字の小さい馬番の成績がよいことがわかる。1番から6番までで8勝、半数以上の勝ち馬が内枠から出ていることになる。特に1、2、4番でそれぞれ2勝ずつしており、迷ったら内枠の単というのは意識しておきたい。ちなみに昨年中京開催だったローズSでは1枠1番だったリアアメリアが3番人気で終始2番手から抜け出し勝利している。

さらに見てみると、13番が2勝、14番が1勝しており、15番の2着4回も印象的だ。このあたりの馬番が2つ目のピークだろう。昨年のローズSで14番人気の13番ムジカが2着に入っており、このデータの後押しがあったのかもしれない。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                  買取プレミアム

がおすすめ



コメントは受け付けていません。