【セントライト記念】タイトルホルダー菊の大舞台へ 東大HCが中山芝2200mを徹底検証(SPAIA AI競馬)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:SPAIA AI競馬

今週は中山芝2200mを舞台に、菊花賞トライアル・G2セントライト記念が行われる。弥生賞を勝ち、皐月賞2着のタイトルホルダー、ホープフルS2着以来の復帰戦となるオーソクレース、夏の札幌で条件戦を勝ち上がってきたソーヴァリアントなどがクラシック最後の一冠に向け前哨戦に挑む。

当該コースの重賞はG2の3レース。同レースに加え、初春の中山を彩るアメリカジョッキークラブカップ、有力馬が秋G1への始動戦に選択することも多いオールカマーが施行される。今週は「中山芝2200m」の特徴をデータで分析していく(使用するデータは特記ない限り2011年9月18日~2021年4月18日)。

まずはコース紹介。ホームストレッチをスタートして1コーナーを通過、そこから外回りコースの頂上を迎えるまで上り坂が続く。ゆるやかな下りを1000mほど進んだのち、最後の310mの直線に中山名物・高低差2.2mの坂が待ち受ける。コース全体で5.3mものアップダウンがある起伏に富んだコースだ。

【広告】

                                株式会社宝島社

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。