【紫苑S】2000mへの見事な対応力見せたファインルージュ ただし打倒ソダシへは疑問符(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

「G1直行」が主流となりつつある2021年の秋華賞戦線は例年と趣を異にする。ソダシがステップとして札幌記念を選択、オークス馬ユーバーレーベン、同2着アカイトリノムスメは直行。結果として骨折による無念の戦線離脱となったが、サトノレイナスも直行の予定だった。

これにより、トライアルの優先出走権・計6枠を賞金上位馬が埋める可能性が下がり、結果として賞金ボーダーの上昇が予想される。例年以上に意味を持つトライアルレース。優先出走権を手にしたのはファインルージュ、スルーセブンシーズ、ミスフィガロの3頭だった。

先行争いは大方の予想通りアビッグチアが逃げる形。外にスライリーがつける。上位人気はメイサウザンアワーが4番手、ファインルージュがこれを見る位置の6番手。1番人気に推されていたエクランドールは行きっぷり悪く後方2番手から。

見た目にはマイペースの楽逃げという感じだったが、1400m戦で逃げてきたアビッグチアのペースは速かった。1000m通過59.7秒はまだいいとして、そこから早くも11秒台のラップを並べていく後半11.9-11.8-11.8-11.4-11.6。これではさすがに厳しい。

この流れをファインルージュは手応えよく追走。4角では無難に外から前を伺い、直線で脚を伸ばすシンプルな競馬。2・3着が脚を溜めに溜めたのとは対照的な競馬で突き抜け、つけた着差は1.3/4馬身。フェアリーS1着、桜花賞3着馬。終わってみれば力が違った。

勝ち時計1.58.2も重賞の紫苑Sとしては18年ノームコアに次ぐ好時計。福永祐一騎手はレース後のインタビューで「これで伸びなければ距離」と語ったが、距離不安を払拭する見事な対応力を見せた。

これでキズナ産駒は昨年のマルターズディオサに続いてこのレース連覇。まだG1タイトルのない種牡馬だが、やや上がりのかかる条件設定でのトライアルレースは本当に強い。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

恥ずかしいほどに

          明るくなる

LEDルームランプ




コメントは受け付けていません。