【ボクシング】無念の敗北で寄り添った父子の思い。赤井英和、英五郎(BBM Sports)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:BBM Sports

現実は厳しかった――。11日、東京・後楽園ホールで行われた東日本新人王準々決勝ミドル級4回戦、赤井英五郎(帝拳=26歳)のプロデビュー戦は、同じくデビュー戦の岡村弥徳(八王子中屋=23歳)に1ラウンドTKO負け。“浪速のロッキー”と呼ばれた1980年代の人気ボクサーで俳優の赤井英和さん(62歳)の長男として注目を集めるなか、迎えた初陣は、わずか144秒で終わった。

【写真】懸命の攻め。しかし。最初にリズムをつかまれ、英五郎は敗勢を抜け出せない

【広告】

【ファイテン公式】




コメントは受け付けていません。