【アメフト】ディアーズ開幕連勝 東大QB伊藤もデビュー(BBM Sports)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:BBM Sports

アメリカンフットボールのXリーグ「X1エリア」は、9月11日、東西の会場で第2節の4試合を行った。ディアーズフットボールクラブとブルザイズ東京の一戦は、ディアーズがブルザイズに完封勝ちした。

ディアーズフットボールクラブ○38-0●ブルザイズ東京
(2021年9月11日、富士通スタジアム川崎)

 ディアーズが力の差を見せて、完勝した。
第1クオーター(Q)1分、QB大和田昌太郎からRB宮幸崇にパスが決まって先制のタッチダウン(TD)。次のオフェンスでも大和田からWR小川悠樹にTDパスが決まった。直後のブルザイズのオフェンスでディアーズLB中野航平がインターセプトリターンTD。8分にはK青木大介のフィールドゴールで3点を追加し第1クオーターで24-0とした。
 その後、ディアーズオフェンスが得点できない時間帯が続いたが、第3Q6分にRB八代周、第4Q3分にもRB千代修平と、今季加入の新戦力がランTDを挙げた。
 ディアーズはディフェンスが好調で、ブルザイズQB南竹司を4サック。さらに4ターンオーバー(3インターセプト1ファンブルリカバー)でブルザイズの攻撃を断ち切り、得点を許さなかった。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。