【注目2歳馬】アスター賞はプルパレイが逃げ切り勝ち レース経験の差と格の違いを見せつける(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

秋競馬の開幕週、9月11日(土)の中山9Rに行われたのはアスター賞(1勝クラス・芝1600m)。2015年の勝ち馬は後に阪神JFとNHKマイルCを勝利したメジャーエンブレム、2017年1着のノームコアは古馬になってヴィクトリアマイルをレコード勝ち、また香港Cを勝利し海外G1制覇を飾るなど、活躍馬を輩出している出世レースだ。

今年は出走8頭のうち4頭が未勝利馬というメンバー構成だったが、勝利したのは1.8倍の1番人気に推されたイスラボニータ産駒、プルパレイ(栗東・須貝尚介厩舎)だった。

好スタートからじわっと先頭に立ったプルパレイ。2角まではシナモンロールと並走する形だったが、向正面に入ると単独先頭となり、前半4ハロンのラップは12.8-12.0-12.8-12.8(50.4)。人気を分け合っていたハイアムズビーチが折り合いに苦労していたのを尻目にマイペースでラップを刻んでいく。

その後レース後半に差し掛かり、5ハロン目は12.1にペースアップ。持ったまま抜群の手応えで直線へと向いた。直後にいたハイアムズビーチが必死に追って差を詰めてきたが、残り200mの標識手前で鞍上のデムーロ騎手が軽く仕掛けると、そのまま最後まで差を詰めさせず1馬身3/4差で逃げ切った。

勝ちタイムは1:36.2。2015年メジャーエンブレムが勝利した際の前半4ハロンのレースラップが50.1、勝ちタイム1:36.5だった。今回はそれよりも0.3秒速い決着。開幕週で前が止まらない馬場状態だったということもあるが、ラスト3ハロンで11.4-11.2-11.1(33.7)と加速し続けたレース内容は高く評価できる。

新馬戦では新潟2歳S2着馬アライバルの2着、次走は新潟芝1600mの2歳レコードタイム1:33.3で勝利。ハイレベルなレースを経験してきただけのことはあると思わせる今回の内容だった。世代のトップクラスと対戦しても、互角の勝負をするだろう。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(強靭配方)


・髪にツヤや元気がなくなってきたと感じる方に
・健康で美しい髪を維持したい方に

傷んだ髪用シャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。