【新潟記念】斤量据え置きで逆転優勝へ好機 東大HCの本命はショウナンバルディ(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

9月5日(日)に新潟競馬場で行われる新潟記念(G3・芝2000m)。夏競馬を締めくくる一戦に精鋭17頭が集結した。

【新潟記念 2021予想】ザダルかトーセンスーリヤか? 伏兵は前走14着からの反撃期すあの馬!(SPAIA編)

有力視されているのは長期休養明けのエプソムCで重賞初制覇を飾ったザダルや、函館記念を制しサマー2000シリーズ優勝に王手がかかるトーセンスーリヤ、追い込む形を覚えて結果を出し始めたクラヴェルなど。難解な夏競馬を象徴するかのようなハンデ戦を制するのはどの馬なのか。今週もデータを踏まえて予想してゆく。

最初に過去10年のレース傾向を分析する。11年を除いて開幕最終週に行われてきた新潟記念。ラップを見ると多くの年はスロー~ミドルペースで流れているが、内目の馬場が荒れていることもあってか後方待機勢の活躍が目立つ。4角10番手以下の馬が【5-2-5-54】と頭まで来ており、長い直線を活かした追い込みにも気を配る必要がある。

ただ穴で狙うなら断然先行勢。6番人気以下の馬に絞ってみると、逃げ・先行馬は【2-5-2-26】で複勝率26%と下位人気馬とは思えない成績を残している一方、差し・追込馬は【2-1-5-70】で複勝率は10%に留まる。なお、14番人気以下は【0-0-0-35】と壊滅的なため極端な穴狙いはオススメしないが、三連系のヒモ選びに迷った際には前で運べる馬を優先すべきだ。

【広告】 <strong>更年期?</strong>

《経典薬方》附桂八味丸

・膝や腰など関節に痛みがある方に
・排尿時における障害を感じる方に

膝、腰の痛みや弱み、排尿障害などの症状に。

コメントは受け付けていません。