【高校野球】報徳学園がエース榊原七斗で勝利 中堅手から今秋に投手転向6回2失点8K好投(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポーツ報知

◆秋季兵庫県高等学校野球大会 ▽1回戦 報徳学園10―2滝川二=7回コールド=(12日・ベイコム)

 秋季兵庫県大会1回戦が行われ、報徳学園は今夏まで中堅手で主力だった榊原七斗投手(2年)が背番号1を着け、6回5安打2失点と好投した。滝川二に10―2で7回コールド勝ちした。

 何度も帽子がマウンドに落ちた。「気持ちで押していく投球が持ち味」という報徳の背番号1・榊原は三振を取る度に「よっしゃー!」と感情を爆発させた。初回に浮いた球を狙われて2失点したが、「試合の中で修正できた」とスライダー、カットボールを多投。6回を5安打2失点にまとめ、8三振を奪った。

 今夏までは野手に専念し、兵庫大会では「2番・中堅」で県4強入りに貢献した。この日は3番打者として、4打数1安打1打点だったが、「投打で活躍したい」と最速143キロ左腕は打撃でも新チームをけん引していくつもりだ。

 夏の甲子園では、兵庫大会準決勝で敗れた相手・神戸国際大付が8強に進出。「自分たちも目指していた。悔しさがある」とライバルの躍進をただ見つめるしかなかった。「兵庫のナンバー1は報徳だというプライドを持って戦う」と榊原。春夏通算3度の甲子園優勝を誇る名門の意地を見せ、今は来春センバツ切符獲得へ突き進む。(南 樹広)

【広告】

馬券術

【コンピ・ワン・イズム】

1点で勝とうよ!

投資成功率82.4%の

馬券術【コンピ・ワン・イズム】

コメントは受け付けていません。