【尾車親方の目】照ノ富士の強さ際立たせる「照スペシャル」右かいな返して206キロ逸ノ城浮かせた(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

◆大相撲秋場所初日(12日、東京・両国国技館)

 新横綱・照ノ富士(29)=伊勢ケ浜=が万全の内容で「綱1勝」をつかんだ。小結・逸ノ城(28)=湊=を力強く寄り切った。いきなりの一人横綱だが、重圧をはねのけ、2017年春場所の稀勢の里以来となる史上9人目の新横綱Vへ突っ走る。

 好調を維持しているというレベルではない。新横綱・照ノ富士の強さが際立っている。逸ノ城とはかつて、がっぷり四つで長い相撲を取っていた。両力士の力の差がこれほど開くとは想像もできなかった。立ち合いは左足で踏み込んで右肩から当たった。すぐに左の前まわしを取って、右はあおるように圧力をかけ、かいな(腕)を返した。その瞬間、206キロの逸ノ城の体が浮いてしまった。

 私はこの一連の動きを“照スペシャル”と呼んでいる。踏み込み、左前まわし、右のかいなが連動した時には圧倒的な強さを発揮する。これを体得したことが序二段から横綱に昇進するという奇跡を起こし、膝への負担を少なくした。

 2日目は勢いに乗る若手の豊昇龍の挑戦を受ける。照ノ富士が左前まわしを取ってしまえば相撲にはならない。失うものがない豊昇龍。立ち合いの変化も選択肢の一つ。思い切った相撲を取ってほしい。どこまで通用するか楽しみで仕方がない。(スポーツ報知評論家)

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(烏髮配方)


・髪にツヤがなくなってきたと感じる方に
・健康的な頭皮と毛髪を維持したい方に

髪のツヤが気になる方向けシャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。