シルバーステートvsドレフォンの熱戦! 「新種牡馬の傾向」最速分析(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

灼熱の気候と呼応するように熱いレースが繰り広げられた夏競馬が先週でフィナーレを迎えた。サマーシリーズを中心に見どころの多い数ヶ月だったが、中でも注目を集めたのは新種牡馬が産駒デビューを迎えた2歳戦だ。

今年の新種牡馬はドゥラメンテ、モーリスの二枚看板がいた去年と比較するとやや見劣りするものの、G1・7勝の顕彰馬キタサンブラック、未完の大器シルバーステート、BCスプリントなど米ダート短距離G1・3勝のドレフォン、フジキセキ唯一のクラシックウィナー・イスラボニータなど粒ぞろいのラインナップだ。

今週からいよいよ始まるビッグレース目白押しの秋競馬に向け、新種牡馬の傾向をつかんでおくことが馬券収支を大きく左右する。今週は「新種牡馬の傾向」を分析し、産駒の「キモ」を押さえる詳細データを紹介する(データは2021年9月5日時点)。

【広告】 <strong>更年期?</strong>

《経典薬方》十全大補丸


・冷えや顔色の悪さが悩みの方に
・産後、体力が回復しない方に

発汗を伴うめまい、手足の冷えの改善に

コメントは受け付けていません。