【京成杯AH】本格化を迎えた実力馬が好枠ゲット 東大HCの本命はカラテ(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

9月12日(日)に中山競馬場で行われる京成杯オータムハンデキャップ(G3・芝1600m)。サマーマイルシリーズ最終戦であり、秋競馬の開幕を告げるレースでもあるハンデ戦に16頭が集結した。

人気が予想されるのは昨年の2歳マイル王者グレナディアガーズや関屋記念2着のカラテ、G3のマイル重賞で惜敗続きのカテドラルといった面々。ここを制し秋冬の大舞台へ向け弾みをつけるのはどの馬なのか。今週もデータを踏まえて予想してゆく。

最初に過去10年のレース傾向を分析する(14年は新潟開催のため除く。以下同様)。19・20年こそ3着内を4角3番手以内の馬が独占していたが、この2年を除けば逃げ馬は【0-0-0-10】、先行馬も【1-1-2-23】で複勝率はわずか15%。ともに苦戦気味だ。差し馬の【5-4-5-25】・複勝率36%に比べるとその差はかなり大きい。近2年の傾向は無視できないものの、全体でみればむしろ後方待機勢の方が健闘している。「開幕週だから先行勢が有利」という定型的な考えは一旦捨てるべきだ。

加えて今年のメンバーには逃げ馬が複数含まれており激しい主導権争いが予想される。展開が後方待機勢に向くことは疑いようがなく、この点からも差し馬の評価を上げたい。データで見ても、前半3Fが35秒未満と比較的速めに流れた6レースでは、4角6番手以内が【2-2-5-33】に対し同7番手以下は【4-4-1-39】という成績。複勝率では大きな差はないが、連対率では後者が前者の2倍。ハイペースなら直線の短い中山でも差し馬が台頭してくる点は覚えておきたい。

【広告】



コメントは受け付けていません。