【紫苑S】先行有利・時計がかかる可能性あり 「中山得意」「機動力タイプ」スライリーに注目(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

9月11日(土)に中山競馬場で行われるのは秋華賞トライアルの紫苑S(G3・芝2000m)。2016年にG3に格上げされて以降、毎年のように秋華賞本番でも上位に好走する馬を輩出しており、来週末に行われるローズSよりも本番への直結度は高くなっている傾向にある。そんな一戦について、今週も馬場傾向の観点から分析していく。

開幕週に行われるということもあり、直近3年の優勝馬の通過順位を見ると2018年ノームコアは5-4-6-5、2019年パッシングスルーは3-3-3-3、2020年マルターズディオサは2-2-2-1とある程度前目につけている馬が結果を残している。

その一方で2018年2着マウレアが5-6-8-7、2020年2着パラスアテナが8-8-6-4と中団追走からも馬券圏内に好走。先行有利の傾向は強いが、4角から直線に向く時点で前を射程圏に入れられるポジションにつけられる器用さがあれば、差し馬でも好走可能だと言えるだろう。

馬場傾向という面からは、2019年より前は良馬場なら上がり33秒台の末脚が求められることも多かったが、2020年は傾向が一変。稍重だったということを抜きにしても、4回中山開催を通じて全体的に時計・上がりとも極端にかかるレースが多くなっていた。

近年、馬場のクッション性確保のためにエアレーション作業やシャタリング作業が行われ、開幕週ほど柔らかい馬場となることが多く、そこに秋雨も加わってくる。昨年同様の時計のかかる馬場になるかどうかは、蓋を開けてみなければ分からないが、そういった馬場になる可能性もあるということは考えておく必要がありそう。

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。