【NFL】2021開幕戦 バッカニアーズがカウボーイズに逆転勝ち QBブレイディ淡々とお膳立て、外様軍団も活躍(BBM Sports)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:BBM Sports

米プロフットボール・NFLは、9月9日(日本時間10日)、2021年シーズンが開幕した。フロリダ州タンパで行われた、タンパベイ・バッカニアーズ対ダラス・カウボーイズの開幕戦は、バッカニアーズが残り7秒からフィールドゴール(FG)を決めて逆転勝ちした。

タンパベイ・バッカニア―ズ○31-29●ダラス・カウボーイズ
(2021年9月9日、タンパ、レイモンド・ジェームス・スタジアム)

 スーパーボウル連覇を目指すバッカニアーズが、逆転で今季1勝目を飾った。バッカニアーズのKライアン・サカップの35ヤードFGが決まった時、ゲームクロックは残り2秒だった。

 そう書くと劇的な幕切れを連想するかもしれないが、全米の視聴者の大半は、驚きも興奮もなく、予定調和のように、試合の結末を見届けたのではないだろうか。なぜなら、逆転のFGをお膳立てしたのは、「GOAT」QBトム・ブレイディだったからだ。

 その数分前、カウボーイズのKグレッグ・ズーラインが48ヤードのFGを決めて29-28とした。しかし、ゲームクロックでは1分24秒、そしてタイムアウトは1回残っていた。差はわずか1点、逆転するにはFGで良かった。

 スーパーボウル7回優勝、誰よりも修羅場を潜り抜けてきた44歳の達人に、焦りやプレッシャーはなかったのではないか。

 ブレイディはいつものように淡々とパスを決め、前進した。ペイトリオッツ時代からのホットライン、TEロブ・グロンコウスキーに20ヤードのパスを決めて敵陣に入ると、残り24秒で、左サイドライン沿いのWRクリス・ゴドウィンに絶妙のバックショルダーパスを決めて、24ヤードをゲイン、エンドゾーンまで18ヤードとなった。ゴドウィンは、その前のオフェンスシリーズで、ゴール前で致命的なファンブルロストを犯していただけに、このパスは確実にキャッチした。

 ブレイディは時間を消費するため、3回パスを投げ捨てた。そしてサカップに引き継いだのだった。

 とはいえ、バッカニアーズは、本来なら、もつれることなく勝利を手中にできる試合だった。
 第3クオーターまでレッドゾーンに侵入したオフェンスシリーズは、すべてタッチダウン(TD)に結びつけていた。

 第4クオーター10分、この試合4度目のレッドゾーンで、ゴールまで残り13ヤードの地点。ブレイディからWRゴドウィンにスクリーンパスが決まった。TDを目前にしたゴドウィンにカウボーイズSダモンテ・ケイジーのタックルが入り、ファンブル。カウボーイズCBジョーダン・ルイスがリカバーして10ヤードリターンした。

 バッカニアーズは時間を使いながらTDを奪えばよい場面で、スクリーンパスも、TDを決めるためのパスではなかった。セカンドエフォートのゴドウィンが功を焦った感があった。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(強靭配方)


・髪にツヤや元気がなくなってきたと感じる方に
・健康で美しい髪を維持したい方に

傷んだ髪用シャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。