河野太郎氏、「news23」で明言…総裁選で派閥がまとまっての投票は「民主主義ではない」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

自民党総裁選立候補を表明した河野太郎行政改革担当相が10日、TBS系「news23」(月~木曜・午後11時、金曜・午後11時半)にスタジオ生出演した。

 所属する麻生派が一本化して支援することが得られないと伝えられている河野氏は、スタジオで同局政治部の遊佐勝美部長から「麻生派の中で党の重鎮の甘利税調会長。公然と岸田さんの支援を公言していますけど、派閥をまとめられなくて、自民党という組織をまとめられるんですか?」と聞かれた。

 これに河野氏は「派閥をまとめることはまったく必要がないと思っています」と述べた。その理由を総裁選は「そもそも国のリーダーを選ぶわけですから議員1人1人が自分が誰がいいかっていうのを決めて投票するのが筋であって。このグループでまとまって誰を選べ、これを選べ、というのは、これは民主主義ではないですよね」と主張した。

 続けて「ですから派閥でまとまって何かしなくてはいけないっていうのは、政治を取材をしてきた政治部の方の思い込みでしかない。おそらく一般の国民のみなさんに聞けば、何で派閥でまとまらないといけないの? 議員が1人1人、一番いいと思う人を選ぶのはは当然のことじゃないの? むしろ国民のみなさんは、そうおっしゃる」と述べた。

【広告】



コメントは受け付けていません。