WBO世界フライ級王者・中谷潤人が初防衛に成功 …武者修行した米国のリングで(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆プロボクシング ▽WBO世界フライ級(50・8キロ以下)タイトルマッチ12回戦 〇中谷潤人 (4回TKO) アンヘル・アコスタ●(9月10日=日本時間同11日、米アリゾナ州トゥーソン カジノ・デル・ソル・トゥーソン)

 WBO世界フライ級王者・中谷潤人(M・T)が同級1位で元WBO世界ライトフライ級(48・9キロ以下)王者アンヘル・アコスタ(プエルトリコ)を4回TKOで下し、初防衛に成功した。戦績は中谷が22戦全勝(17KO)、アコスタが22勝(21KO)3敗。

 序盤から前に出てプレッシャーをかけた中谷。強烈な左ストレート、フックで圧倒。アコスタの足を止めると、強烈なパンチが指名挑戦者の顔面にヒット。鼻血が吹き出した。その後、2回、3回と鼻血が止まらないアコスタに、レフェリーが試合をストップしてチェック。再開を認めたが、4回、中谷がパンチをまとめたところで出血がやまず、レフェリーは試合を止めた。

 試合後、リング上でインタビューを受けた中谷。「鼻血で試合がストップされたのは見たことない」と驚くと「良いタイミングで鼻に入ってペースがつかめた。最初のストップで鼻が折れたかなと思った」という。米国のファンに強烈なアピールができたことに「僕のボクシングでみんなが沸いてくれたので、いい勝ち方ができたかな」と手応えをつかんだ。アコスタが試合中断後に攻めてきたことには「攻撃を詰めてきたので、集中して組み立てた」と冷静に対応したことも明かした。

 中谷は8月20日に調整地のロサンゼルス入り。中学卒業後、15歳で単身、米国武者修行を行った思い出の地で、プロ転向後には何度も合宿を行っている、米国の“拠点”だ。世界王者を何人も送り出した名トレーナー、ルディ・エルナンデス氏の指導のもと、実力をつけて、17歳の2015年4月、日本でプロデビューした。昨年11月、WBO世界フライ級王座決定戦でジーメル・マグラモ(フィリピン)に8回KO勝ちし、王座を獲得。今回、プロになって初めて海外のリングで初防衛戦に臨んだ。

 ロスでは8月21日から練習を開始。9月3日までの2週間で、スパーリングを70ラウンドも消化した。日本でも週40ラウンド、2か月にわたって実戦練習を積み重ねてきており「やり切ったな、という気持ち」でトゥーソンに入った。ルディ氏とプロ入り前から指導を受ける岡辺大介トレーナーに最終チェックを受けながら、世界戦を迎えた。

 トゥーソンには、神奈川・相模原市から両親と弟が駆けつけ、直前まで食事やマッサージなどでサポートしてくれた。さらにこの日朝には、ロサンゼルスからジムメートら仲間5人が東京―広島間に相当する約800キロの道のりを、車を飛ばして応援に駆けつけた。多くの支えを受け、「アメリカという大きな舞台で、いいパフォーマンスをして、日本に帰りたいと思います」という言葉を実現させた中谷。「次は統一戦をやりたいなという気持ちが強いです」と力強く語った。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪護髪素(滋養修護)


・髪にツヤや元気がなくなってきたと感じる方に
・健康で美しい髪を維持したい方に

傷んだ髪用のコンディショナーです。
防掉髮洗髮露(強靭配方)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。