川田将雅騎手は月間17勝、年間100勝も達成! 5位争いは横山武史騎手が大逆転【8月終了時点の騎手リーディング】(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

先週末で8月の競馬が終了。そして夏競馬も残すところあと1週となった。猛暑もあり、ゲリラ豪雨にも見舞われた中、8月7日~29日までの開催8日間でリーディング上位の騎手たちはどのような活躍を見せたのだろうか。そして1カ月前と比べて順位に変動はあったのか振り返っていく。

【新潟記念 2021予想】ザダルかトーセンスーリヤか? 伏兵は前走14着からの反撃期すあの馬!(SPAIA編)

リーディングトップはルメール騎手。この1カ月で12勝を上積みして122勝としている。日別の成績は0→2→1→2→4→0→2→1とコンスタントに勝ち星は積み重ねているものの、大勝ちは8月21日の4勝のみ。またエルムS14着(1番人気)、札幌記念11着(4番人気)、新潟2歳S2着(1番人気)と重賞でも結果を残せず。ルメール騎手にしては平凡な成績に終わった1カ月だった。

対する2位の川田将雅騎手は3→3→2→2→3→2→0→2で月間17勝の活躍。勝率44.7%、複勝率は71.1%と絶好調だった。また8月21日には3年連続7回目となるJRA年間100勝を達成。105勝まで勝ち星を伸ばし、ルメール騎手との差は17勝となっている。

3位の福永祐一騎手は7月絶好調だったものの、今月は8勝と急降下して年間の勝利数は92勝。8月21日の小倉7Rでショウナンガニアンに騎乗して勝利をあげて以降、2着3回、3着5回と馬券圏内には好走しているが3日間白星から遠ざかっている。9月に入ればダービー馬シャフリヤールが夏休みから復帰するなど楽しみなレースも多いだけに復調を期待したい。

【広告】


コメントは受け付けていません。