【京成杯AH】グレナディアガーズ出走予定も主軸はバスラットレオン 伏兵は今年も関屋記念組(SPAIA AI競馬)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:SPAIA AI競馬

京成杯AHはサマーマイルシリーズ最終戦という立ち位置もあり、秋というより夏の名残りのようなレースだが、今年はいささか雰囲気が違う。3歳の上位ランクや古馬の重賞ウイナーが大挙して参戦予定。ハンデ重賞であることを陣営が見落としているのではと不安になるほど豪華なメンバーだ。まずハンデの確定が楽しみである。

【新潟記念 2021予想】ザダルかトーセンスーリヤか? 伏兵は前走14着からの反撃期すあの馬!(SPAIA編)

とはいえ、実績馬は休み明け。サマーマイルシリーズを戦ってきた馬にだって勝機はある。そういった点も含め、過去10年間のデータをもとに傾向を探っていく。なお14年は新潟開催である。

1番人気は【3-0-0-7】。勝つかどこにもいないか極端。元々、京成杯AHは野芝で行われる高速馬場、中山マイルのハンデ戦とあって紛れが生じやすく波乱傾向。異例の豪華メンバーの今年、これが当てはまらない可能性はある。例年の傾向でいえば、馬券の軸は2番人気【3-2-1-4】勝率30%、複勝率60%だろう。波乱とはいえ、勝ち馬は4番人気以内9勝。荒れるとすると、2、3着で、6、7番人気の複勝率は30%と互角。基本的には手広く考えたい。

注目を集めるだろう3歳は【2-1-2-15】勝率10.0%、複勝率25.0%。4歳【2-1-2-16】勝率9.5%、複勝率23.8%、5歳【5-4-2-37】勝率10.4%、複勝率22.9%と比較しても十分戦える。3歳で好走した5頭のうち、13年7番人気3着ゴットフリート以外は2、3歳で重賞V。そのゴットフリートも朝日杯FS3着、共同通信杯2着と重賞実績はあった。グレナディアガーズ、バスラットレオンはいずれも実績十分。好走するとみたい。

中山マイルといえば、外回り2コーナーの引き込み線からスタートする。発馬直後、先行争いを演じながらコーナーに突入するため、枠順は大きな要素になる。外枠不利かと思いきや近9回で、1~3枠【2-3-4-39】、6~8枠【2-4-4-44】。内外の差はそこまでない。

で、その間の5枠が【5-1-1-10】勝率29.4%、複勝率41.2%で抜群の成績。不思議なことに真ん中に良績が集中。内、外の出方を見ながら、序盤の駆け引きをできることがアドバンテージなのだろうか。ただ、勝った5頭は、2、3、1、4、4番人気。このレース、1着は上位人気というデータに合致。今年も5枠に人気馬が入ったときには味方につけたい。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。