【京成杯AH】「前走3勝クラス」に配当妙味あり マイナスデータを持たないクリノプレミアムに注目!(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

2021年9月12日に中山競馬場で行われる京成杯オータムハンデ(京成杯AH)。このレース名を聞くと、秋競馬の到来を感じるファンも多いのではないか。

京成杯AHといえば、ここ10年で2回もレコードが出ている「超高速レース」でもある。2012年にレオアクティブが記録した1分30秒7にもびっくりしたが、2019年にはトロワゼトワルが1分30秒3を叩き出してそれを更新。開幕週に加えて、芝の生育に適した季節というのも関係あるのだろうか。

そんな京成杯AHにはデータ的にどのような特徴があるのか。いつも通り過去10回の数字を基にして検証していきたい。なお、2014年は新潟開催なので、この年を除く2010~2020年のレースを参考としている。

まずは所属別から。出走頭数は美浦所属馬が84頭、栗東所属馬が67頭。いつもの東の主場、といった割合である。東の主場でも栗東所属が優勢のケースが多いのだが、このレースは美浦8勝、栗東2勝。勝率だと美浦所属馬の方が3倍以上も数字がいい。連対率も美浦所属に軍配だが、複勝率となると栗東所属馬がわずかに上回っている。

性別だとどうか。牡馬・セン馬は125頭に対して牝馬が26頭と、出走頭数では差がついているが、連対数は牡馬12頭(7勝)に対して、牝馬は8頭(3勝)。勝率、連対率ともに牝馬の方が上という結果が出ている。「夏は牝馬」の余韻がまだ残っているのかもしれない。

さらに細かく分けて見ていく。まずは牡馬・セン馬だが、7勝すべてが美浦所属馬が記録したもの。栗東の牡馬・セン馬が勝っていないのは意外。一方、牝馬は栗東所属の成績がよく、連対率は36.4%の高水準となっている。

菊花賞を目指す馬は別として、この時期から本格的に3歳馬が古馬重賞戦線に参戦。今年の3歳馬のレベル、古馬との力関係はどうなのか。推測するのも予想のひとつ、そして楽しみのひとつでもある。

このレースはというと、3、4、5歳馬がほぼ互角。6歳以上からは1頭しか勝ち馬が出ておらず、若い世代に比べると苦戦傾向となっている。

レース名が示す通り、このレースはハンデ戦。軽ハンデ馬から重ハンデ馬まで、まんべんなく馬券に絡んでおり、特に目立った傾向は見当たらなかった。ただ、前走と比較すると、斤量減、斤量増の馬と比べて、同斤量だった馬の勝率が極端に悪い。理由は分からないが、斤量据え置きの馬は評価を下げた方がよさそうだ。

逆にプラス要素になりそうなのが前走着順。前走1、2着が8勝と強さを見せている。特に前走1着馬は、勝率、連対率ともに抜けた数字となっている。

秋競馬といえば、復帰してきた実績馬に夏の上り馬が挑戦する構図が多く、どちらに軍配が上がるのかを予想するのも面白いところ。この京成杯AHは、3勝クラスを使ってきた馬が【4-0-0-3】。勝率が5割を超えており、ここから挑んできた馬は注目すべきだろう。勝った4頭が経てきたレースはバラバラで、福島1頭、中京1頭、新潟が2頭で4頭とも前走1着という共通点があった。

最も多く出走しているレースはというと、同距離の重賞・関屋記念。過去10年で51頭が出走しているのだが、成績自体は【1-4-4-42】と平凡。もう少し掘り下げてみると、連対した5頭のうち、栗東の牝馬が3頭を占めていた。上記で栗東の牝馬は好成績と書いたが、関屋記念組に限ると、さらに連対率が上がるが、今回は該当馬なし。逆に牡馬や美浦所属馬だと勝率0%で、連対率も5%以下となってしまう。

ここで京成杯AHにおけるプラスとマイナスデータを挙げていく。まずプラスデータだが、前走1番人気に支持されていた馬は7頭しかいないのだが、そのうち3頭が勝っている。一方、前走3、4番人気だったのは20頭いるが、なぜか連対した馬は1頭もいない。前走を小倉で走った馬、また前走が1200mだった馬からも連対馬が出ていない。

最後に種牡馬に関して。ロードカナロア産駒が【2-0-0-1】。一見好成績に見えるが、この2勝はいずれもトロワゼトワルが記録したもの。強データとして推せるか微妙なところで、今後サンプルが増えてから判断したい。またディープインパクト産駒は【1-6-1-10】。連対率は高いものの、勝ち切れていないことも頭に入れておきたい。

【広告】

ましきでんち

高いバッテリー交換とは、

もうオサラバしましょう!!

大量仕入れにて実現した格安提供☆

満充電の状態で着いたその日から使用可!!


コメントは受け付けていません。