【ラグビー】フランスで「スーパーセブンズ」開催。南アフリカのレジェンド、セシル・アフリカも参加(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

フランスで、トップ14のクラブによるセブンズの大会、「SUPERSEVENS(スーパーセブンズ)」が、8月14日のエクサン・プロヴァンス大会を皮切りに、21日にトゥールーズ、そして28日にラロシェルと、巡回形式で行われた。

 この大会はLNR(トップ14の運営団体)が7人制の強化、人材発掘、また新しい若い層を惹きつけ、15人制の観客層拡大につなげることを目的に、昨年、シックスネーションズでトップ14が一時オフになる2月に第1回大会をスタートさせたもの。
 だがその後、新型コロナウイルス感染拡大で中断され、この夏、ようやく再開することができた。

 チーム編成は、エスポワール(アカデミー)の選手ばかりにならないよう、3名以上プロ契約の選手を登録することが義務付けられている。
 またジョーカーとして、2部リーグ、または3部リーグの選手を4名まで登録できる。

 ちなみに、この夏オーストラリアとのテストマッチでフランス代表デビューを果たしたFBメルヴィン・ジャミネは、昨年の大会でクレルモンのジョーカーとして参加した。

 その時の活躍が、エスポワールとして所属していたペルピニャン(当時2部リーグ)のプロチームのHCの目に止まりプロデビュー、その後プロ契約を結んだ。
 そして約1年半後にはブルーの代表ジャージーを着てワラビーズと戦うことになったのだ。

 参加するのは、トップ14の14チームに、フレンチ・バーバリアンズ・セブンズとモナコ・セブンズの2チームが加わった16チーム。
 この2チームは、他のクラブチームのように所属選手を持たないので、2部リーグ、3部リーグ、また海外のチームから7人制の経験者を中心に選手を招聘してチームを編成している。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。